高橋努が描く、演劇チーム 渋谷ハチ公前 プロデュース公演 vol.10 『付きまとう褐色』が開幕!

SPICE

2018/11/7 18:46


演劇チーム 渋谷ハチ公前が2013年に上演し、好評を博した舞台『付きまとう褐色』が5年ぶりにキャストを新たにし、11 月7日(水)~14 日(水) 浅草九劇にて上演される。本日初日を迎えた本公演の出演者コメントが到着したので紹介する。
上野なつひ
上野なつひ

本公演のヒロインを演じた上野なつひは、「下町の年期がある長屋。歴史を感じるというか、そこに住んでいる人達の滲み出る色というか、いろんな色が混ざった世界。長屋に住む四兄弟のたわいも無い日常会話。いろんな過去。その隣に住む女ひとり。そこに集う人達皆がいろんな色を持っている中で混ざり合っていく。時空が見える舞台だと思います。演じていて流れ着いた先の皆の心の変化や平凡だけど大事に思える物が見えた気がしました。是非劇場でお待ちしています」とコメント。

そして、現在放送中の「中学聖日記」(TBS)に出演している是近敦之は、「それぞれの育った土地があり、家庭があり、出会ってきた人々がいて、そして、様々な思い出を抱えて今を生きている。それは恵まれたものでなかったかもしれないし、辛いことも多かったかもしれない。自由に次の一歩を踏み出せるはずなのに、そこから動けずにいることもある。観て頂いた皆様の数だけ観劇の新たな思い出を作って頂けたら嬉しいです。 劇場でお待ちしています」 と語った。

本公演のチケットは初日の7日から12日までは完売しており、13日・14日のチケットは若干残席あり。俳優・高橋努が描く、長屋で育まれる人間達の物語『付きまとう褐色』は、14日まで浅草九劇にて上演。

あなたにおすすめ