坂上忍と矢作兼、熊田曜子を「クレーマー扱い」か ブログでの名指し批判に苦言

しらべぇ

2018/11/7 18:20


(©ニュースサイトしらべぇ)

7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)におぎやはぎ・矢作兼が出演。児童館への入室拒否問題で話題の熊田曜子に厳しい言葉を投げかけ、話題になっている。

■ブログでの「名指し批判」に疑問


しらべぇ既報のとおり、東京都墨田区内の児童館に子供3人連れでの利用を断られたことをブログで打ち明け、大きな波紋を広げていた同問題。

番組でブログを取り上げると、MCの坂上忍は「そもそも論なんだけど…」と切り出し、「このブログね、『完全に私のミスです』って書いてあるじゃん。オレ何に一番ビックリしたかって言ったら(児童館を)名指しで書いてる」と発言。

「どう考えたって、ここの児童館に批判がむいちゃうんだよ、この書き方」と熊田が名指しで書いたことに疑問のようだ。

■タレントパワーを使った「クレーム」か


また、矢作も今回のブログについて「高等テクニックでね」と語る。「『私が悪いです』って前面に押し出したクレームなんです」と批判した。

すると、坂上は「これ誘導じゃんってボクは思って。この仕事やっている人は影響力あるから、ブログとかで名指しってどうなの?」と再度名指しでブログを書いたことに疑問を呈した。

■「影響力を考えれば…」と疑問の声


人数制限による入室拒否騒動は、たくさんの子供を抱える親にとっては厳しいルールだ。今も熊田に同情する声は数多く寄せられている。

しかし、「どうして名指しで…」とモヤモヤしていた人も多かったのだろう。2人の意見を受けてネット上では共感の声が寄せられた。問題そのものよりも、発表の仕方に納得がいかないということだろうか。

「バイキングでの熊田曜子のブログ。矢作と坂上忍の高度なクレームというのに同意。影響力を考えて発信したとしか思えない。完全にクレーム」

「坂上さんや矢作さんに同意。高等テクニックで、名指しで晒すことが怖いです。色々な児童館があっていいと思います」

■ネットの炎上経験は…


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,365名に「ネットでの炎上経験」について調査したところ、全体の4.4%が「経験アリ」と回答。

年収別で比較すると、高収入ほど炎上する傾向にあるようだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ママタレントである一方で、長年芸能界の第一線で活躍してきたバラエティタレントでもある熊田。炎上にも慣れているだろう。

もしかすると、同じくバラエティで活躍する坂上や矢作だからこそわかる「熊田の狙い」があったのだろうか。

・合わせて読みたい→熊田曜子、産後1ヶ月の増加体重を報告 「元が痩せすぎ」と驚きの声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

あなたにおすすめ