別所哲也、長女が超低体重児で生まれ「NICUに2カ月近く入って…」 気持ちの変化語る

AbemaTIMES

2018/11/7 17:28


 俳優の別所哲也(53)が6日、都内で開催された医療イベント「第7回『アマニフォーラム』セミナー」に参加した。

このイベントは、”子どものアレルギー“をテーマに、食環境や子どものアレルギーの関係性について話し合うもの。別所は「この歳になってわかることー僕と家族の健康―」をテーマにトークショーを行った。

トークショーの中で、別所は「20代、30代と走り続け、時間を惜しんで楽しいことをやってきた中で、娘・妻と食生活や健康というものにきちんと向き合うようになった。とても大事だなと思います」と自身の変化を明かした。

 2009年に日系アメリカ人女性と結婚し、9歳の長女がいる別所。「超低体重児という形で、28週に生まれまして。生まれたときは1169グラムだったんです。NICU(新生児集中治療室)に2カ月近く入るということがあって……」と生まれた当時を振り返り、「その後は無事退院してすくすく育って、今は元気に飛び回っている」と子どもの成長に目を細めた。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)

▶︎ 信じちゃいけない! 妊娠・出産・子育ての都市伝説

あなたにおすすめ