短文にするだけじゃない!モテLINEの鉄則4つ

愛カツ

2018/11/6 17:45


読みやすくシンプルにするのは、モテLINEの基本。

今回はこの基本に加え、どんなLINEが相手の心をストレートに刺激し、頭に残り続ける一言になるのか……。

シンプルだけど、女を感じるLINEを伝授!あなたもぜひ、彼とのLINEで活用してみて。

モテLINE

■ 共感のセリフで女らしさを

共感は必ず、恋愛の武器になります。

相手の感じたこと・考えていることを察して、あらゆるモデルケースから、最適なセリフを探し出しましょう。

たとえば「あ、わかる!〇〇だよね~」「〇〇って感じだよね!」など、男性好みのシンプルがセリフで大丈夫。

相手の状況を細かく分析したり、自分の似た経験をしたことをベラベラと説明したりする必要はありません。

共感を示して彼と同じ目線のLINEを意識してみましょう。

■ 実際よりテンションを上げた文章

相手の男性がなにかを成功させたり、やり遂げたり、旅行中の写真を送ってきたり。

そんなLINEに対しては、実際よりテンションを上げて(興奮した様子で)、返事をしてみましょう。

「すごいね~」→「おぉ!すごいね~っ!」
「おいしそう」→「なにこれ!すっごいおいしそう~!食べた~い!」

と変えれば、好感度もアップ。

なにごとも、より楽しそうに反応してくれる女性と一緒にいたいと思うのが、男性というものなのです。

■ 心配するときは連続で尋ねる

彼が病気やけがをしたときや、体調が悪いとき。または、失敗したり、落ち込んだりしたとき。

きっと、「大丈夫?」というLINEも送るはず。

そんなときは、「大丈夫?痛くない?」「ちゃんと寝てる?無理してない?」など、連続で尋ねるのが効果的。
本当に気がかりである様子が伝わりますし、子どもを心配するお母さんのように、どこかしら母性も感じさせるもの。

男性をきっと、温かい気持ちにできるはずです。

■ LINEでしか言わないことを作る

「秘密の共有」は、なにごとであってもふたりの距離を親密にします。

いつも会っているときには話題にもしないけど、LINEでは語り合う話題……。そういったことなどがあれば、ぐっと距離が縮まるかもしれません。

話題はなんでもOK。

ちょっとエッチな話だったり、過去のすごい体験だったり、共通の上司の愚痴だったりすると、ドキドキ感がだせるはず。

つい、ふたりだけの秘密にしたくなるような話題のほうが効果的。
エッチな話であれば、会ったときにはあえてその話に触れなかったり、ちょっとはぐらかしたりして、またLINEで大胆なことを言うのもおすすめです。

■ おわりに

LINEで注意したいのは、自分ばかりが話しすぎる、レスポンスが早すぎる、まじめすぎるといったこと。

逆に、相手と同じ頻度・文量で、返事はほどほどに。

でもどこか女らしさを感じるLINEであれば、会話しているだけで、ちょっとしたプチデートのような演出ができます。

あなたもぜひ、意識してみませんか?

(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ