矢口真里、ガチ赤面「それは誰が審査するの?」 「名器」オーディションの知られざる裏話

AbemaTIMES

2018/11/7 17:00


 元モーニング娘。でタレントの矢口真里と元お笑いコンビ巨匠の岡野陽一がMCを務める 『矢口真里の火曜The NIGHT』 が7日、AbemaTVで放送され、メンバー全員がセクシー女優という「感じられるアイドルMake it!」がゲストで登場。そのメンバーオーディションにまつわる裏話が明かされると、矢口真里が本気で赤面。「それは誰が審査するの?」と思わず声をあげた。

 アダルトグッズメーカー4社の協力で誕生したセクシーアイドルユニットである彼女たちは、セクシー女優としての仕事の傍ら、アイドルとしての活動も行う。CD販売イベントにおいて、アダルトグッズを販売し、その存在と機能を世の男性に知らしめることも立派な使命だと自負している。

 彼女たちに付けられたキャッチコピーは「業界激震! 感じられるアイドル」だというが、最後につく「Make it!」には、その発音が転じて「名器」という意味があるらしい。そこまでの成り行きについては理解した様子の矢口だったが、一つ疑問が持ち上がった。それは「誰が、どう審査をしたのか?」という素朴なものだ。

 「自己申告制です」という答えを聞き、ひとまず安心した様子だったが「色や形、そして自在に操れる」など、具体的な自己申告内容が列挙されると、興味を示しつつも、照れも入る。しかし、興味が勝った矢口は「自由自在って、トレーニングとかするの?」と質問。「します、します」と平然と答えが返ってきたが、自制心も働き「聞いていいのかな?」と自問自答。

 「おへその下の筋肉とお尻の穴を締めると……締まります」と答えた涼海みさが力強く右手で拳を握ると、「意識するんだ。その2点を意識すると、締まるんだ」と納得した矢口は、涼海に呼応するように両手を力強く握り合わせていた。「矢口さんのも聞きたい」とまさかの逆質問を受けた矢口、果たして何と答えたのか?

(C)AbemaTV

▶見逃し視聴 「感じられるアイドル? Make it!」 ▶The NIGHT名場面集 田代まさし登場!月収や薬物入手経路まで暴露 かなのが少年院時代を大暴露!今夜はZOCの個性が大渋滞! 地下アイドルがブラック事務所の実態を暴露 年商50億円超も!明日からデリヘル経営者になれる方法

あなたにおすすめ