美容おやつには大豆が最強。おいしく持ち歩ける「大豆スプラウト」知ってる?

女子SPA!

2018/11/7 15:46



【ラクうま美人ごはん vol.35】

ハマっているオヤツ、ご紹介。

みなさん、小腹が空いたとき、どんなオヤツを食べていますか? 理想としては、①おいしい ②満足感・満腹感を感じられる ③美容に良い、の3点がそろっていたら最強ですよね。実は最近、そんな3要素を兼ね備えたアイテムを、スーパーで発見しちゃいました。

そうです今回は、最強の美容オヤツになる「大豆スプラウト」というお豆をご紹介したいと思います。

◆大豆スプラウトって何?

大豆スプラウトとは、機能性発芽食品などを専門とする農業法人である(株)果実堂が製造する「発芽大豆」のこと。豆の1粒1粒をよーく見ると、にょきっと“芽”が出ているのがわかります。では、この発芽によって、どうスゴクなるのかを整理してみました。

①コク・甘味があっておいしい

この発芽大豆は、特許技術「落合式ハイプレッシャー法」によって作られています。この製法により、従来の大豆と比較して、“有用物質の含有率”が大幅にアップ。中でも、旨味成分である「グルタミン酸」が10倍になるため、「大豆ってこんなにおいしかったんだ!」を実感できます。

※落合式ハイプレッシャー法とは? https://www.kajitsudo.com/labo/ochiai

②女性が喜ぶ栄養素が強化されている

グルタミン酸以外にも、「GABA」が3.5倍、「イソフラボン」が他社の蒸し大豆の2倍以上に強化されています。

・GABA:血圧効果作用やリラックス効果があるとの報告がある健康成分

・イソフラボン:女性ホルモン(エストロゲン)と化学構造が似ているため、適度な摂取が骨粗しょう症の予防や更年期障害の軽減等に有効だとされている。

※参考:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A(食品安全委員会サイトより)

http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html#3

また、その他の栄養成分を見てみると、たんぱく質や食物繊維が豊富、低糖質、食塩相当量が低いため、ヘルシー食材として理想的なバランスとなっています。

【栄養成分(100gあたり)】

エネルギー 174kcal

たんぱく質 13.8g

脂質 9.7g

糖質 4.4g

食物繊維 6.7g

食塩相当量 0.46g

グルタミン酸 61.7mg

GABA 8.9mg

総イソフラボン 94.0mg(イソフラボンアグリコン換算値58.7mg)

では最後に食べ方について考えていきましょう。

◆オヤツやプチリッチなおつまみとして秀逸!

スーパーで売っているサイズは100g。価格は200円前後。実は携帯用としてちょうど良いサイズですから、1袋そのまま持ち歩き、小腹が空いた際にオヤツとして食べるのがオススメです。

☆大豆スプラウト(チルドタイプ)内容量:100g/賞味期限:6ヶ月

その他、いつものお弁当やおつまみにちょっと加えるのも良し。例えば、キムチや温泉卵と合わせると、プチリッチな前菜として楽しめます。

私は近所の大手スーパーのサラダコーナーで出逢いましたが、コストコでも専用商品が登場しているので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

☆おいしい発芽大豆(コストコサイズ)内容量:150g×3袋入り/賞味期限:6ヶ月

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。11月に『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)を刊行予定。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana

あなたにおすすめ