ダレノガレ明美 ハリウッドはあきらめていない「話題づくりではなく本気」

 タレントのダレノガレ明美(28)が7日、映画「オーシャンズ8」デジタル配信/ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに登壇した。

 8月に同作を鑑賞し、映画館のトイレで聞こえた「カモン、ハリウッド」の天の声に導かれて、ハリウッド女優を目指す決意をしたダレノガレ。その後、10月22日のイベントで「英語が追いつかなくて…。5年か10年先になる」と語ったため、一部で「ハリウッド断念」などとも報じられた。しかし、この日は「あきらめてはいないです」と話し、「話題づくりではなく本気」と主張した。

 また、ハリウッド進出前にまずはニューヨーク留学を予定していたことについては「ニューヨークはモデルのオーディションはあるけど、ハリウッドのはないみたいなので、行くならロスかな」とも。ただし、まずは「トラブルになっても困らない程度の英語力」を身につけてからだという。

 気になるダレノガレの英語力は、自己評価によると「中学1年生程度。いまだったら小学生くらい」。英語力を格段に上げる方法として記者がネーティブスピーカーの彼氏を作ることを提案すると、「顔が日本人が好きなので」と言うも、「身長180センチ以上のアジア顔の英語がペラペラなイケメンにすればいいのか」と新たな発見に喜んだ。この作戦が成功すれば、「2、3年後には行けるかも」と明るく語った。

 日本でも女優のイメージとはかけ離れたダレノガレ。現在は「自己流で演技の勉強をしています」と明かした。「演技好きなんでけど、オファーが来ないんですよね。ヤンキーとか土屋太鳳ちゃんや有村架純ちゃんがやらないような役をぜひ」とアピールした。

あなたにおすすめ