歯科医療がテーマの高杉真宙主演映画「笑顔の向こうに」がモナコ国際映画祭へ

ザテレビジョン

2018/11/7 15:00

高杉真宙主演の映画「笑顔の向こうに」が2019年2月に全国のイオンシネマで公開。モナコ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、オープニング作品として上映されることが決定した。

本作は日本歯科医師会の全面協力で製作された、歯科医療をテーマにした映画。高杉が歯科技工士役に挑む。

ヒロインを務めるのは「ホリプロタレントスカウトキャラバン2010」でグランプリを受賞した安田聖愛。他に木村祐一、佐藤藍子、藤田朋子、中山秀征、秋吉久美子、松原智恵子らが脇を固める。

主題歌は、手話を取り入れた男性ボーカル&パフォーマンスグループ・HANDSIGNの「ふたりのサイン」。監督はニューヨークで映像やアートの制作に携わってきた榎本二郎。榎本にとって長編映画初監督作となる。

この作品が第16回モナコ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、オープニング作品に決定。日本の歯科医療現場の若者たちの姿は、ヨーロッパの地でどのように伝わるのか。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168415/

あなたにおすすめ