休日診療で思わぬ洗礼! 徹底した感染症対策を行うもまさかの結末が…【こしいみほの愉快な子育て 第4話】

突然ですが私は冬が苦手です。

寒い、洗濯物が乾かない、日照時間が少ない、寒い、寒い…。

まぁ寒さは私が着込めばなんとかなりますが、襲い来るさまざまな感染症については、私一人の問題ではありません。

そこで今回は、娘の初めての休日診療の思い出と、その後の私なりの感染症予防について書きたいと思います。

■休日診療での体験が母の意識改革に…

休日に発熱し、謎の湿疹が出てしまった娘。週明けまで待ってかかりつけ医にかかるか、休日診療に行くか? 迷った末、休日診療に行くことにしました。

きれいな待合室でおじいちゃん先生が丁寧に診てくれるかかりつけの小児科と比べると、利用した休日診療所は快適とは言いづらい…。

家から遠いこともあり、願わくばなるべくお世話にならずに過ごしたい!

そう思った私は、「連休、特に年末年始は子どもを感染症から守る!!!」という強い決意を抱きました。

■ちょっぴり孤独な(?)我が家の感染症対策

感染症対策として、基本中の基本であるうがい手洗いは家族全員で徹底。

人ごみを避けるために、実家に相談し年末年始の帰省はせず気候の良い春秋にして、ショッピングモールでの買い物は人が少ないオープン直後に行くようにしました。

子どもの遊びは、家に飽きたら晴れた日は公園へ。

しかし私が住む関東平野のど真ん中、遮るもののないのどかな田園地帯には北風がビュンビュン吹きすさぶのです。

そんな日は屋内の遊び場を利用することになりますが…



新しくできた遊具が多い児童館はいつも利用者が多いのですが、小さくて年季の入った児童館はほぼガラガラ。

ホールにポツンと私たち親子だけがいる図は寂しくはありますが、そこは私がしゃべり倒して盛り上げればOK!

■しかし! 話はここで終わらない…

こんなふうに、日ごろの習慣やお出かけ先に注意して過ごし、一家で元気に冬を乗り切るゾ~☆

――と対策をしていましたが、昨年は5人家族で私だけインフルエンザにかかってしまいました…。息子を妊娠中で、免疫力が普段より弱っていたからかもしれません。

というわけで、この経験から得られた人生訓は

【自分も労わろう】

です!!!わかっちゃいるけど、後回しになるんだよな~。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
(こしいみほ)

あなたにおすすめ