有村架純ら『中学聖日記』、塩バァこと夏木マリのクランクアップに反響

クランクイン!

2018/11/7 11:40

 女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)に、教頭先生役で出演中の夏木マリが6日、自身のインスタグラムでクランクアップショットを公開。「塩バア大好きです~」「最後のセリフの表情に感動して号泣しました」「今夜で最後は寂しいです」といった反響が寄せられている。

【写真】ありがとう、塩バァ…有村架純、岡田健史らとのクランクアップショット<3枚>

本作は、かわかみじゅんこ原作の同名コミックを映像化したもの。年上の婚約者・勝太郎(町田啓太)がいる中学校の女性教師・聖(有村)が、男子生徒・晶(岡田健史)と織りなす“禁断の恋”を描く。6日放送の第5話で中学生編が終わり次回から3年後となるため、塩バァこと塩谷三千代校長先生を演じた夏木の撮影はここでクランクアップとなったようだ。

夏木は「『中学聖日記』第5話。 塩バアは一応今夜で最後ということには なりますが、、、」というキャプションで、花束を抱えた自身と、有村や生徒役の岡田、小野莉奈、保護者役の夏川結衣との記念撮影ショットを公開。有村と岡田とは2ショット写真もあり、和やかな現場の雰囲気が伝わってくる。

これを観たファンは「いつも貴重なオフショットありがとうございます」「えー!最後なんですか!?悲しいです。。」「素敵な写真ありがとうございます。今夜が最後なんて寂しい」「『一応』ということなので、また出てきてくれることを楽しみにしてます」と惜しむ声が寄せられた。

また、放送直後から「職員室のシーン、最後に塩バァが、もっと育ててあげたかった…と言ってるの見てギャン泣きです」「最後の塩バア最高でした」と感動の声が殺到。「初めて見たとき マリさんと気がつきませんでした。大変身です」「夏木マリさん、ホントに素敵な、演技感動しました」「今日の塩ばぁはすごく美しくて、眩しかったです。しびれました!!!!」と女優としての彼女を称える声が数多く寄せられている。

引用:https://www.instagram.com/mari_natsuki/

あなたにおすすめ