有村架純&岡田健史の“切なすぎる別れ”に視聴者号泣 『中学聖日記』第5話(ネタバレあり)

クランクイン!

2018/11/7 11:13

 女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が6日に放送され、有村演じる女性教師と、岡田扮する中学生男子の切なすぎる別れに、ネット上には「つらい。泣ける」「感情移入しすぎてしんどい」「切なすぎて号泣」などの反響が殺到した。

【写真】有村架純は「あなたが15だから」と岡田健史に別れを告げる 『中学聖日記』第5話フォトギャラリー

※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたラブストーリー。婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生に心惹(ひ)かれる女性教師の“禁断の恋”を描いていく。

夜の砂浜でキスをしてしまった聖(有村)と晶(岡田)は、勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせをしてしまう。聖は、勝太郎に話をしようとするが、勝太郎は「信じてる」というばかり。

翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明する。一方、愛子が学校に行ったことを知った晶は、上布(マキタスポーツ)の制止を振り切って、学校に向かう。そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会ってしまい…。

聖と引き離されてしまった晶は、なんとしてでも彼女に会おうと学校へ出向く。晶は聖の腕をつかみ、学校を去ろうとする聖に「いやだ」と言うが、聖は晶に「ごめんなさい。もう忘れて。あれは間違いだった。いけないことなの」と腕を振りほどこうとする。なおも、「なんで」と問いただす晶に聖は「あなたが15だから」と言い放つ。そう言われた晶はついにゆっくりと聖の腕を離すのだった。

それでも諦めきれない晶は、聖のアパートに出向いたり、勝太郎のいる大阪にまでも足を伸ばす。盲目的に聖を追い求める晶の行動に、視聴者から「黒岩少年すごい暴走するな」「暴走がすぎるぞ黒岩少年」などの投稿が。

聖の晶への思いを断ち切らせるために、勝太郎は聖と結婚し、彼女を大阪へ呼び寄せる手配を整える。聖と共に車で大阪へ向かう勝太郎の元に、先輩の原口(吉田羊)から電話が。原口は電話口で勝太郎に「アンタがいいの…好きなの」と告白。このシーンに、SNSには「まっすぐな告白、胸がギュッとなりました」「真面目な告白、女の私でも惚れる」などの声がツイートされた。

聖を乗せた車は大阪へ向けて走り出す。聖を忘れられない晶は自転車で車をただひたすら追いかける。晶とはもう合わないと決めた聖だったが、勝太郎に対しても「やっぱり一緒にはいけない」と一人になることを告げ、指輪を置いて車を降りる。このシーンに視聴者からは「つらい。泣ける」「感情移入しすぎてしんどい」「切なすぎて号泣」などの声が殺到した。

あなたにおすすめ