彼氏と上手くいかない原因はこれ!?恋愛不器用女子に足りないもの

ハウコレ

2018/11/7 11:00



こんにちは、美佳です。恋愛がどうも上手くいかない、という恋愛不器用女子だって好きな人ができればもっと仲良くなりたいし、付き合いたいなぁと思いますよね。今よりちょっと恋愛上手になれれば、きっと恋愛に対し躊躇しないと思うのです。そこで今回は、恋愛不器用女子に足りないものを述べたいと思います。「これって私かも…」と思った方は、今後の身の振り方に役立てていただければと思います。

■ダメ恋になる相手ばかり選んでいる!見る目が足りない
『いつも恋愛が上手くいかない…』と悩む恋愛不器用女子の中には、そもそも男を見る目がない人もチラホラ。ダメ恋になる相手を選んでしまえば、彼を教育したり、自分の考えを急激に変えたりしない限りは上手くいかないかと。

恋愛に対し奥手すぎるのも恋愛不器用ですが、『この人が私の運命の人かも!?』と恋に盲目になりやすく、勢いだけで付き合ってしまう女子も恋愛不器用でしょう。素敵な恋がしたいなぁと思うのなら、もう少し冷静に男子のことを観察した方がいいですね。信頼のおける友達に話して意見を求めてみたり、共通の知り合いから彼のことを聞いてみることもおすすめですよ。周りの意見に絶対に従う必要はないですが、ひとつの参考にしてみてはどうでしょう。そうすれば、一旦立ち止まって、彼のことを冷静に見ることができますよ。

■外見と内面と文面の可愛さ
恋愛不器用女子の中には、サバサバしすぎて可愛さが欠けている女子もいます。「どうせ私にはスカートなんて似合わないし…」と、最初から決めつけて女子らしい可愛い格好を避ける人もいます。ですが、恋愛不器用から抜け出したいのなら思い込みは捨てて可愛らしい格好にもチャレンジしましょう。

また、内面も大切です。女子の中には、男子が異性と意識できないほど男前すぎる性格の人もいますよね。アネゴ系女子もかっこいいですが……度がすぎるのは恋愛チャンスを逃すので気をつけた方がいいです。

LINEでも、文面がものすごくさっぱりしている女子は要注意。交際して時間が経てばさっぱりしすぎなLINEでもいいでしょうが、恋愛初期からラフすぎるLINEをすると、男子も『脈なしかな?』『なんか可愛げがないな…』とマイナスなイメージを抱きやすいです。「まじかw」「うける」「腹減った」など、完全に友達ノリになってる人は注意です。この場合、まるで「仲良くLINEをしている」ようにも思えますが、相手からしたら「男友達」感覚になっている可能性があるのであまりよろしくないかと。

■素直さと思いやりと柔軟な考え
彼氏は途切れないけど、付き合ってもあっという間に別れてしまう短期恋愛を繰り返す女子も恋愛不器用です。彼氏が途切れないだけまだいい気もしますが、毎回のように続かないということは自分に合わない相手を選んでいるか、あなたの性格に問題があるか。自分に合わない相手を選んでいるのなら、先ほど述べた通り見る目を養ったほうがいいです。もし、あなたに素直さと思いやりと柔軟な考えがないのなら、恋愛が続かないのはあなたの性格の問題かと。

・彼氏が自分勝手・気まぐれな行動をされる・優柔不断だから決めごとがスムーズにいかない彼のこういった部分が例えば不満だとして、あなたはそれを口に出して話し合いしようとしたり、自分なりに接し方の工夫をしたのか。彼のやさしさや思いやりを責める前に、自分の行いを振り返ってみてくださいね。

対ヒトである恋愛にはやっぱり自分の本音を伝える素直さと相手を気遣う思いやり、相手と意見をすり合わせる柔軟さが大事ですよ。

■自分を客観視する余裕
いつも振られるとか、彼に浮気される、など悲しい恋愛をしている子の多くは、あなたが彼を追いかけているパターンですよね。だいたい追いかけて追いかけて恋をダメにしてしまっている恋愛不器用女子は自分を客観視する余裕がない気がします…。疲れているとき、悩んでいるときに彼女から「今何してるの?」「来週いつ会える?」という連絡が来たら、きっとますます彼は疲れてしまうと思います。相手の状況を思いやって、自分がすべき役割は何なのかを客観視する。そうすれば優しさをもって、時には待つことも大切だと気付くはずですよ。

恋愛中は誰だって彼の言動に一喜一憂します。けどすぐに『嫌われたかも』『浮気してるかも』とパニックになって彼にしがみついて不安定な感情をぶつけるのではなく、もう少し冷静に深く考えてから自分の起こす行動を考えたほうがいいですよ。余裕がない女子は妄想が上手な割に、リアルな想像力が弱い気がするので…。

■終わりに
恋愛がことごとく上手くいかない!という女子、上述のどれかが欠けてませんでしたか?恋愛で痛い目に遭わないためにも少し意識してみるといいかもしれませんよ。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ