「俺があっためてあげる」男性がドキッとする寒いときの女性の仕草

愛カツ

2018/11/6 08:45


人肌が恋しくなる冬。

そんな寒い季節は、ラブラブな恋人を作って暖かく過ごしたいですよね。

そこで今回は、男性がドキッとする、寒いときの女性の仕草をご紹介。

寒い季節だからこそ使える仕草で、気になる相手に「俺があっためてあげる」と思わせてみましょう。

俺があっためてあげる

■ 王道だけど…やっぱりこれ!袖で手を隠す

「大きめのニットの袖を伸ばして、寒そうにちょっとだけ手を出している女の子の仕草が好き!手を口に当てて、一生懸命あたためている姿を見て、俺が守ってあげたいと思った」(26歳/男性/公務員)

女性はあまり意識をせずしている仕草かもしれませんが、袖からちょっと手を出して、寒そうにしている姿に男性は弱いようです。
女性に、可愛らしさ、かよわさを感じるのでしょう。

袖からちょっとだけ出した手で、コップなどの飲み物を持つと、さらに男性はドキッとするようです。
飲み物は、両手で持つことがポイント。

■ 口元までマフラーをぐるぐる巻き+α

「マフラーを口元までぐるぐる巻いて包まれている姿が可愛い。で、そのぐるぐる巻きのマフラーを取った時にうなじとかが見えると、ギャップにドキッとする」(27歳/男性/営業)

多くの男性から支持があったのが、マフラーのぐるぐる巻き。

口元までマフラーで包みこまれている姿に女性らしさを感じるんだとか。

巻いているマフラーから髪の毛がふわっと出てきている感じも男性は好きなようです。

さらに男性をドキッとさせたい人は、トップスに胸元が少し空いているものを選んでみましょう。
マフラーを取った時の予想外の肌見せに、男性はさらにときめくはずです。

■ 去り際だとより効果的!袖を引っ張る

「女の子が少し後ろを歩いていて、一生懸命ついて来ようと、俺の服の袖をつかんで引っ張てきた時はカワイイ!と思った」(28歳/男性/エンジニア)

手をつないだり、腕を組んだりするような直接的なボディタッチではなく、服の袖をちょっとつかんで引っ張ることがポイント。

控えめな感じで可愛らしさが増し、男性に思わずドキッとさせることができるようです。

長袖を着ている寒いときだからこそできる仕草。デートの帰り際にしてみると、効果絶大かもしれません。
私にできるかな?と思った人は、人混みが多いところに行くとチャレンジしやすいですよ。

■ 冬ファッションを利用しよう

寒いときに男性をドキッとさせるためには、冬ファッションを上手に利用することがポイント。

ふわふわのニットやもこもこのアウター、マフラーなどを身に着けて寒そうにしているだけで、かよわさや可愛らしさがアップします。

さらに、控えめな感じで、女性らしい仕草を見せて、男性に「俺があっためてあげる♡」と思わせましょう。

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ