バス運転手が指導員に逆上し運転放棄 「お客さんが一番かわいそう」と同情の声

しらべぇ

2018/11/7 08:00


(Milos-Muller/iStock/Thinkstock)

今年6月、徳島県のバス会社が運行する高速バスで、男性運転手が指導員の指示に逆上して運転を途中で拒否。乗客が約1時間待たされていたことがわかった。

■指導員も代わりに運転できず


報道によると、今回の件が起こったのは6月12日。運転手が高速道路を走行中に低めのギアで走っていたため、50代の男性指導員がギアを上げるように指示したところ、それに従わず、PAに入ったあと運転を拒否した。

指導員は運転する際に必要な健康状態などのチェックを受けていなかったため、代わりに運転することができず、17人の乗客はPAで約1時間待機。そのあと到着した大阪行きの後続便に乗り換えたという。

そして今月5日、四国運輸局は、バス会社と運行を担っていた関連会社に10月24日付で文書警告の行政処分を行ったと発表したとのことだ。

■ネットでは運転手への批判が相次ぐ


今回の報道を受け、ツイッターでは「運転手は務まらない」「辞めたほうがいい」など、運転を放棄した男性への批判の声があがっている。

「冷静な対応ができないなら、人を乗せる職業は辞めたほうがいいね」

「こんな運転手が運転するバスに乗ったら最悪だ。注意されたぐらいで運転を放棄していたら、運転手など務まらないだろう」

「色々あったかもしれないが、客のことを考えない行為は絶対に許されない」

「乗客が一番かわいそう…」

また、「客のことを考えられない行為は絶対に許されない」「乗客が一番かわいそう」といったコメントも寄せられている。

■安全だと思う交通手段は?


しらべぇ編集部は全国20~60代の男女1,342名を対象に、「飛行機・新幹線・在来線・高速バス・自家用車」の中で、「安全だと思う交通手段」についての調査を実施。

その結果、第1位は新幹線、次いで第2位に在来線がランクインし、高速バスは第5位になった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

バスの運転手が指導員の注意に逆上して運転を放棄したという今回の一件。その勝手な行動によって、約1時間も待機させられた乗客はたまったものではないだろう。

・合わせて読みたい→これはひどい!公共交通機関で見た悪質クレーマーの行為3選

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

あなたにおすすめ