有村架純『あなたが15だから…』“打ち砕かれる恋心”に視聴者号泣「最高に切ない」<中学聖日記>

ザテレビジョン

2018/11/7 06:45

「好きだけじゃ、ダメらしい」――11月6日(火)に有村架純主演のドラマ「中学聖日記」(毎週火曜夜10:00、TBS系)の第5話が放送された。真っすぐで純粋な、しかし世間知らずでもある男子中学生の恋心が打ち砕かれる展開に、ファンは「今週は最高に切なかった」「あっちもこっちもツライよ」「誰も悪くない。泣くよこれは」などとSNSに声を寄せ、胸を締め付けられた。

今作は、かわかみじゅんこ原作の同名漫画をドラマ化した、新人教師の末永聖(有村)が10歳年下の男子生徒・黒岩晶(岡田健史)の魅力に引かれていくストーリー。

第5話は、晶が日記にしたためた「好きだけじゃ、ダメらしい」という、どこにもぶつけようもない気持ちに苦悩する言葉から始まった。

前回までに、聖と晶は花火大会の夜にキスをして手をつないで帰ったところを、聖の婚約者・勝太郎(町田啓太)と晶の母・愛子(夏川結衣)に目撃され、引き離されている。(以下、ネタバレが含まれます)

聖は教頭の塩谷(夏木マリ)に学校へ呼び出され、愛子の前でこれまでの経緯を説明。「教師としても人としても、あなたは失格です」と言われ、自宅謹慎になる。晶は、突然会えなくなった聖に会いたい一心で家を飛び出るが、周りの大人たちがそれを許してはくれなかった。

聖の姿を見つけ、全力疾走で追いかけた晶は「もう会えないんですか!」と詰め寄る。「やだ、やだ。なんで…」と駄々をこねる子犬のような眼差しで見つめてくる晶を、聖は「あなたが15だから」と苦悩の表情で拒否。晶の手を振りほどき、聖は学校を去った。

晶が聖を想えば想うほど、周囲の心もかき乱されていく。

晶の恋に大反対する愛子は、かつて不倫の恋に悩んだことを息子に告白。しかし晶に「そんなバカみたいな話と一緒にすんな!」と言われてしまう。

一方、勝太郎はこれまで、聖が晶の存在に引き寄せられていると気付きつつも、冷静を装い「聖を信じてる」というスタンスをとってきた。だが想像を上回るような晶の純粋な恋心を前にとうとう爆発。勝太郎の車に乗った聖から「停めて。やっぱり一緒には行けない」と言われ、「誰のせいだよ!こんなみっともないバカげた状況に…」「この先ひとりになって全部無くせばいい」と捨てゼリフを吐いてしまう。

登場人物全員が苦しい状況に立たされた今回は、視聴者の涙を誘った。「今週は最高に切なかった」「あっちもこっちもツライよ」「出会ってしまった以上、誰かの幸せは誰かの悲しみになってしまうのね」「誰も悪くない。泣くよこれは」と、引き離された聖と晶に同情する声が多かった。

次回、11月13日(火)放送の第6話からは、3年後が描かれる。晶の前から姿を消した聖は、勝太郎とも別れ、小学校で教師を続けていた。穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168417/

あなたにおすすめ