【朝ドラ】NHK連続テレビ小説あるある!『まんぷく』『半分、青い。』など25連発!




『あまちゃん』『ゲゲゲの女房』『おしん』など、数々のヒット作が誕生し続けているNHK連続テレビ小説。現在シリーズ99作品目となる『まんぷく』が話題を集めています。朝の時間帯に放送されているため、出勤前に視聴している人も多いのではないでしょうか。

朝ドラあるあるを大発表!


歴史ある連続テレビ小説枠は、同じ形態で放送され続けていることもあり、作品に傾向が生まれがちな部分も。それでも毎朝ドラマを楽しみにしてしまうのです。

そこで今回は連続テレビ小説を見ているときや、番組の展開にありがちなことなどをあるある形式でまとめてみました。どうぞご覧ください!



1. 子役が可愛い
ヒロインの子役が人気になると、後日ヒロインの娘役などとして登場することも。

2. ヒロインの故郷でラッピング電車が走る
「朝ドラの舞台」で地域活性化。聖地巡礼としてロケ地に観光に訪れるファンも多いですよね。

3. ヒロインよりも脇役が気になる
朝ドラがきっかけでブレイクした女優・俳優もたくさん。

4. 序盤の1~2週で家族の誰かが死ぬ
亡くなるのは金曜日の放送が多いようです。

5. ヒロインの豪快な水落ち
ヒロイン(または家族)が、水の中へ転落することを意味する“水落ち”が起きがち。水落ちするとヒットするといううわさもあるようです。

6. ヒロインは覗き見&立ち聞きされる
覗き見されていることにヒロインは気づかないパターンがほとんど。

7. 子ども時代にとんでもない事をして親に激怒される
激怒のもとになった出来事がヒロインの人生を変えることになることも。

8. ヒロインへのイビリがないと物足りない
イビリ役がきっかけで人気が出る女優さんもいます。

9. 常連脇役に気づくと嬉しい
名前は知らないけれど「この人、見たことある!」という脇役俳優さんもたくさん。

10. いかにもなキャラクターが出てくる
「あ、これを人気者にしたいんだな」と思っちゃいます。

11. 朝の飯テロが始まる
ご飯を食べるシーンが多い朝ドラ。番組内で放送された料理を夕飯に作る主婦も多いのだとか。インスタントラーメンがテーマの『まんぷく』は飯テロシーンが増えそうですね。



12. 戦争や終戦シーンや闇市に行くシーンをよく見る
戦争が描かれる朝ドラは多いですが、家族や幼馴染が戦死するシーンはつらいですよね……。

13. 視聴率が高くてもネットでは評判が悪い場合がある
逆にネットでの評判がよくても、視聴率は低いというパターンも。

14. ヒロインの口癖が頭から離れなくなる
最初は違和感があるのに、ドラマが終わる頃には自然と自分も使っているのが不思議。

15. イケメンを2人くらい登場させればある程度の視聴率は確保できる
物語がイマイチだとしても、朝からイケメンを見られるのなら目の保養になりますからね。

16. 朝ドラが放送休止→非常事態を知る
毎日放送される朝ドラが放送休止になると「今、大変なことが起きているんだな」と改めて実感します。近年では地震や台風などの災害、北朝鮮のミサイル発射の影響で放送休止になったことがありました。

17. スタッフロールまでチェックするようになる
長年見続けていると登場人物だけでなく、監督や撮影などのスタッフまで気になるようになります。

18.「視聴者からの写真コーナー」に全然採用されない
ドラマ最後に紹介される視聴者からの投稿写真のコーナー。投稿してはみるものの、なかなか採用されません。競争率はどのくらいなのでしょうか……。ちなみに作品に沿ったテーマが決められていて、番組のホームページから投稿できます。

19. 番組終了後のスピンオフドラマが楽しみ
自分の好きなキャラがメインにならないかドキドキ。

20. ヒロインの老けメイクに違和感
10代~20代の女優を30代~40代に起用するのはさすがに限界がありますよね。

21. SNS上でファンとアンチの戦いが始まる
国民的ドラマだからこそ、見ている人にもさまざまな思いがあるということでしょうか……。



22. 主題歌が頭から離れない
半年間に渡って毎日のように聞くことになるわけですから。特に好きなアーティストの主題歌なら毎日でも飽きません。

23. 朝ドラよりも「朝ドラ受け」が楽しみ
連続テレビ小説放送後、そのまま放送される『あさイチ』で恒例となっている「朝ドラ受け」。視聴者の反応を代弁してくれるような感覚で楽しめます。また、毎日ではありませんが、NHKアナによる『おはよう日本』からの「朝ドラ送り」も魅力。

24. 結局どんなに文句があっても見る
なんだかんだ文句を言いながらも、毎日見てしまうのは結局「朝ドラ」という番組のファンだから。

25. 「○○ロス」になっても、すぐ新しい朝ドラに夢中
土曜日に最終回を迎えて「○○ロス」に陥っても、その2日後の月曜日には新しい作品がスタートします。ロスになっている暇はないのです。


次作で通算100作品目!


現在放送されている『まんぷく』はシリーズ99作品目。2019年前半に放送予定となっている『なつぞら』はシリーズ通算10作品目となる記念すべき作品なのです。

まだまだ『まんぷく』が始まったばかりですが、しばらくは朝ドラがいつも以上にアツくなりそうですね!

WRITERMr. Fox

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ