井浦新主演、阪神・淡路大震災後の実話をSPドラマ化!共演は野村周平、葵わかな、椎名桔平

ザテレビジョン

2018/11/7 06:00

2019年1月15日(火)夜9時から、カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」(フジテレビ系)が、井浦新主演で放送されることが明らかになった。

本作は、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災で被害の大きかったJR六甲道駅を、わずか74日間で復旧させた人々の実話に基づいたヒューマンドラマ。六甲道駅でのエピソードに加え、1日も早い復興に挑む人たちと、被災した地元の人々が支え合い、現在までつないできた日々をフィクションとして描く。

主演の井浦が演じるのは、六甲道駅の復旧工事を担う建設会社工事所長・高倉昭。震災直後にJRからの依頼を受けた高倉は、通常2~3年かけて復旧させる規模の工事を、工期を大幅に短縮できる工法によって進めることを決意する。

そんな高倉のモデルとなったのが、当時、建設会社・奥村組にいた岡本啓(あきら)氏。非常事態の中、使命感に突き動かされた岡本氏は、仲間らと共に震災直後の難工事を指揮し、実際にわずか74日間で電車開通まで導いたのだ。

また、高倉と出会い、突然工事の記録係を命じられ、ビデオカメラを回し続けた少年・春日豊を、野村周平が演じる他、春日の幼なじみ役で葵わかなが出演。

さらに、2018年秋、42歳になった春日を椎名桔平が演じ、このエピソードを現代の若者に語り継ぐ”語り部”として登場する。

井浦は、「阪神・淡路大震災から24年。震災を忘れないように、風化させないように、とも思いますが、一方で忘れたいという人もいると思います。でもこの物語は、記録ドキュメントではありませんし、あの日から必死で生きてきた人たちが、どうやってそこから頑張って生きてきたのか、ドラマを通して描き、24年たった今と復興のため動き始めた当時がつながっていくドラマだと思います。

ドラマとしてしっかり震災と向き合いながら、そこで一生懸命生きる姿を描いている。地震の怖さや誰がどう頑張ったかだけではなく、そこで生きようとした皆を描いた、生命感にあふれたドラマだと思うので、そういうドラマをお届け出来たらと思っています」とコメントした。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168412/

あなたにおすすめ