ルノー・日産・三菱アライアンスがMaaSに向けカナダの複合交通アプリ企業に投資

オートプルーブ

2018/11/7 06:30

ルノー・日産自動車・三菱自動車の戦略的ベンチャーキャピタルファンドである「アライアンス・ベンチャーズ」は2018年11月6日、トランジット社に投資したことを発表した。トランジット社はカナダ・モントリオール市に本拠を置く航空、鉄道、自動車の複合交通用アプリを開発している企業で、MaaS(Mobility as a Service:車両の所有ではなくサービスの組み合わせによる新たな交通体系)に向けて、準備のひとつという位置づけだ。

googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stleft_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274944614-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274917329-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});また、3社の「アライアンス・ベンチャーズ」は、自動車業界の次世代の交通システムを開発している新興企業や初期段階の開発、起業家を支援するための投資ファンドで、4月には中国のライド・シェアリング企業の滴滴出行Auto Allianceに出資している。※関連記事:ルノー・日産・三菱アライアンスが中国のモバイル交通プラットフォームに参加

全文を読む >

あなたにおすすめ