ビートたけし、協力者逮捕で「監督廃業」の危機!?

日刊大衆

2018/11/7 06:15


 11月3日に放送されたNHKのお笑い番組『コントの日』で、“日本コント協会”を発足させたビートたけし(71)。

「たけしさんには、『コントの日』を『紅白歌合戦』のような国民的番組に育てたいという願望があるようです」(NHK関係者)

そんな“殿”に一大事。旧知のホテルチェーン会長・X氏(70)が逮捕されてしまったのだ。

「X氏は“関西のホテル王”とも呼ばれ、西日本を中心に30以上のホテルを経営しています。たけしが仕事で関西に泊まる際は、彼が経営するホテルを定宿にしていたともささやかれていました」(芸能記者)

そんなX氏が、今年7月に大阪府警生野署に入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕され、社員ら5人も書類送検されている。

「X氏らには大阪・梅田のホテルで、留学生だったベトナム人を、週28時間の就労制限時間を超えて働かせた疑いがかけられていました」(通信社記者)

一方のたけしといえば、所属事務所『オフィス北野』の赤字転落を発端に、20年間タッグを組んでいた森昌行社長と激しく対立。今年の3月末、たけし軍団をそのまま残し、3年ほど前に設立していた個人事務所へ移籍独立していた。

「その新個人事務所の設立や独立の際、たけしさんに密かに協力したのがX氏だと噂されていました。たけしさんはビジネス上、彼に絶大な信頼を寄せていたといいます。“関西のホテル王”である彼がいたからこそ、心機一転、独立後も安心して芸能活動に臨むことができたんです。2人は、たけしさんの出身大学・明大OBの“紹介の紹介”で知り合ったそうです」(テレビ局関係者)

たけしの新個人事務所は「株式会社T.Nゴン」。「X氏は新事務所の役員にこそ就いていませんが、社名の一部であるNは、X氏のラストネームのイニシャルではないかとも一部でささやかれました。ちなみにTはたけしのイニシャル、ゴンは愛犬の名前です」(芸能事情通)

その愛犬ゴンをモチーフにした、たけしの短編小説『ゴンちゃん、またね。』(文藝春秋)に登場する作家志望の主人公の名前“関口則之”も、X氏から取ったのではとも噂される。

そこまで信頼する大物協力者の逮捕で、「新事務所は、いきなりピンチに追い込まれたわけですが、このままだと“北野映画が見られなくなるかもしれません”」(前出のテレビ局関係者)という。

現在発売中の『週刊大衆』11月19日号では、「北野映画」消滅危機の理由、そして今後のたけしの仕事への影響を詳報している。

あなたにおすすめ