ジャニーズWEST濵田崇裕が「唯一の取り柄」を再び披露~舞台『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』開幕へ

SPICE

2018/11/7 06:00



ジャニーズWESTの濵田崇裕主演の舞台『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』が2018年11月7日(水)から東京グローブ座にて上演される。初日前日、同劇場で芝居の一部が披露され、その後の囲み会見には濵田と大和田美帆、演出の河原雅彦が出席した。

本作は、天然で頑張っても空回り、だけど困った人を見過ごせず情に厚く真面目な男、市場三郎(濵田)の会社の慰安旅行先で繰り広げられる人間模様を唐突に始まるアカペラの歌で描いた喜劇。2016年に上演された『歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋』の続編。自身も俳優・劇作家・演出家として活動する福田転球の書き下ろし作品。
濵田崇裕
濵田崇裕

濵田は続編上演決定について「すごく嬉しいです。続編をできることを楽しみにしていたので、決まったときは喜びでいっぱいでした!」と満面の笑顔。前作のエンディングが続編を匂わす終わり方となっていたが、実際のところ「共演者やスタッフの皆さんも『(続編が)あったらいいなあ』という雰囲気があった」と当時を思い出していた。また2度目の座長という事については「リーダーシップなんて取れません」と謙遜しつつも「少しでも自分自身の視野を広くできたらと思っていまして……前回よりはちょっとだけ広くなったんじゃないかな」と自身の成長を分析していた。
大和田美帆
大和田美帆


今回から「市場三郎」チームに参加した大和田は過去多くのミュージカル作品に出演しているが、本作のアカペラについては「経験したことのない感じです。皆さんさりげなくやられてるんですけど、途中から入った私たちからすると難しくて。体に馴染むのに時間がかかりました」と本音を吐露。そして「何度もやるしかなかった。家でもどこでも。私が楽屋で歌っていると、濵田くんの楽屋からも歌声が聞こえてきて、いつしか皆で歌っていました」とまさに“舞台裏”のエピソードを話した。
河原雅彦
河原雅彦

演出の河原は「折角の続編なので、1作目になかった要素や、濵ちゃんにチャレンジしてもらいたいと思っている部分もありました。そこでミュージカル女優さんを二人起用して、とことん歌を練習して。前説で登場する小松(利昌)さんも言っていましたが『芝居の稽古をやっているのか、歌の稽古をやっているのか分からない』そのくらい歌っていました」と今日までの道のりを振り返り「(芝居を)観ているとバカバカしいんですが、実は高度な事をやっているんですよ」とキャストたちを称えていた。
前説の小松利昌さんです
前説の小松利昌さんです

今回、三郎たちがグアムに行く、という設定だが、濵田自身は「お仕事で一回しか行った事がないんです。でも三郎は一度も行った事がない、という設定なので一度頭の中で知識をリセットしました。『これも知らない』『あれも知らない』って」また大和田は今回グアム人を演じる事になるが「女優人生でグアム人というピンポイント(な設定)でやらせていただくなんてね」と笑い、グアムの印象について「のどかでやる事がいい意味でなく(笑)、疲れた人がのんびりできるいい島」と表現していた。


実はグアム編をやりたいと言った張本人・河原は大のグアム好き。「前作の最後に『次はグアムかもよ』と入れたくらい、今回の続編は念願でした」とニヤリ。「ハワイほど気張っていない。すごくローカルでのんびりできる、言葉は悪いけど枯れた感じが今回の昭和風の主人公の舞台に合っていると思ったし、市場三郎みたいな昭和のキャラクターが外国に行くというのは面白いなと思ったんです」とコメント。この言葉に濱田も「昭和顏なんでね、僕も」と本作のポスターの自分の顔を見つめながらつぶやいた。


前作でも注目の的だった濵田の生着替えや海パン一枚姿になる場面は今回も健在。濵田といえば、なで肩が特徴的だが、それについては「出していかないと。これが唯一の僕の取り柄ですから。生まれつきのね」と胸を張るが「よく言われるんですが裸になると、なで肩が強調されなくて、服を着ると『すごいね』って言われるんです。むしろ裸のままでいいんじゃないかな?」と頭をひねっていた。




会見前には本作の一部がマスコミに披露された。劇中に突然入ってくるアカペラ歌唱では、某大作ミュージカルの名曲や某映画作品を彷彿とさせる替え歌など、元ネタを知っている人は倍笑える場面もたくさん!しかも皆、アカペラでのハモリが驚くほど上手い。上手い歌を絡めながらストーリーで笑いを誘うので、感心したり笑ったりと目も耳も忙しい限りだ。

もちろん、前作を知らなくても大丈夫。上演前に「今回初めて『市場三郎』シリーズを観るが、どのような感じの作品なのか」と聞いてきた取材スタッフが複数いたが、上演中、その人たちがたまらず何度も吹き出していたのだから。




是非、新大久保もしくは梅田のグアム(※期間限定)にて、笑って心を癒していただきたい。

取材・文・撮影=こむらさき

あなたにおすすめ