男性は想像以上に繊細…男性に「言ってはいけない」言葉4選




同性の友人ならズバズバ言えることでも、男性には言いにくいことってありますよね。だって、男性は想像以上に繊細なんですもの……。そこで今回は、男性に言ってはいけない言葉をご紹介します。あなたが何気なく発した言葉が、男性を傷つけているとしたら……!

男性に「言ってはいけない」言葉

1.「太った?」

久しぶりに会ったら、ちょっと大きくなっているような……。そこで「太った?」の一言はNGです。その言葉が、以前より体つきがよくなってカッコよくなったという意味であっても“太る”というワードを出すのは避けた方がいいですね。
私の場合は、友人に太ったと言われたらそろそろダイエットしなくちゃヤバイな……と前向きに考えられるのですが、男性って意外とナイーブ。そのまま断食や無理な食事制限を始めてしまう人も多いのです。
きっと、太ったという事実は本人が1番自覚しているはずです。そこをわざわざ大きな声で言うのはナンセンスです。

2.「今は話しかけないで」



これ、女性なら結構言っているセリフではないでしょうか? 私も頻繁に言っています。だって、今は無理なんだもん! 後にして~!
けれど、男性はこのセリフでしょんぼりしてしまうのです……。女性は「今は」を強調しているのに、男性は「話しかけないで」にショックを受けるみたい。ちょっと面倒ですが、忙しいときに話しかけられたら「よ~し! 今から忙しくなるぞ~」と大げさにアピールしてみましょう。これ、不思議と自分も楽しくなってくるのでおすすめです。

3.「男なら、これぐらい持てるでしょ」

一般的には、女性より男性の方が力持ちでしょう。しかし、気合いを出せばときに男性より力持ちなのでは……? と思える女性がいるのも事実。私のように。
私がまだ10代の頃、バイト先で「女の子でも持てるのに、男ならこれぐらい持てるでしょ」と先輩に言われている男の子がいました。するとその男の子は、可哀想なほど落ち込んで帰っていきました。そして次の日「筋トレを始めました……」とこっそり教えてくれました
重い物を持てる男性がいれば、持てない男性もいる。そんな当たり前のことに気付いた私は、その子の分まで荷物を持ち、無事力持ちキャラを確立させました。男なら、なんて時代錯誤も甚だしい! いまやできる人ができることをやる時代なのだから!

4.「暇なの?」



趣味に時間とお金のすべてを費やす男性に、つい「暇なの?」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、本人に向かって「暇なの?」なんて絶対に言ってはいけません!
現実的で冷静に物事を捉える女性と、興味のあることには一直線に突き進む男性。完全に分かり合うことなんてできないのかもしれませんが、きっと私たちが同じような化粧品を集めているのも、男性からしたら「暇なの?」と思うはずです。それぞれが大事にしている世界には、土足で踏み込まないこと!

気遣いや心配りができる女性に!

言い返す前に、しょんぼり落ち込んでしまう繊細な男性たち。意外な言葉で傷つく男性の心をズタズタにしないためにも、気遣いや心配りができる女性になりたいものです。男性にも、そして女性にも、ふんわりとした優しい言葉を届けましょう。

あなたにおすすめ