それじゃダメ!男性が気付かない女性のアピール

カナウ

2018/11/6 21:00


それじゃダメ!男性が気付かない女性のアピール

意中の彼に一生懸命アピールしても、全く気付いてくれないことありますよね。

どれだけアピールしても気付いてもらえないのは、男性が鈍感だからかもしれませんが、女性のアピールにも問題があるのかもしれません。

そこで今回は、男性が気付かない女性のアピールをご紹介。

アピール上手な女性になって、恋を楽しみましょう。

陰ながらの応援…そんなアピール男性は気付かない



“陰ながらの応援”と聞けば、何とも健気で愛くるしく感じますが、“陰”と銘打っているだけあって、そんなアピールをしても男性はちっとも気付いてくれませんよ。

陰で応援した方が彼のためになると思っている女性もいるかもしれませんが、“傍で寄り添って応援して欲しいのが男心”で、陰から密かに応援されたい男性など殆どいません。

気付けという方がおかしく、ましてや男性が望んでいることではないので、陰ながら意中の彼を応援しても何の意味もないのです。

気持ちを伝えるなら直接言葉で伝え、傍に寄り添ってあげるのがアピール。

陰から応援して自己満足している恋では、実る物も実りませんよ。

ミラーリングや相槌など…下手な心理テクじゃ男性は気付かない



“ミラーリング”や“相槌”などで、彼への好意をアピールする女性もいますが、そんなアピールでは男性は気付いてくれませんよ。

ミラーリングが恋愛に有効だと言う識者もいますが、恋愛に必要なのはそんな小手先の心理テクではありません。

同じ仕草や言動をしたら、無意識化で好感を抱くのかもしれませんが、そんなことするぐらいなら、一言「好き」と伝えた方が明確に伝わりますし、瞳をじっと見つめるだけで男と女はわかりあえるのですから、あまりにも湾曲したアピールでは、男性だって気付きたくても気付けないでしょう。

モテる女性は、「可愛い」「抱きたい」「俺のこと好きなのかな?」と男性に思わせるようなアピールをしてきます。

ミラーリングや相槌など、小手先の心理テクを駆使してもどれにも当てはまりませんので、男性へのアピールは、“分かりやすく”と“ストレート”を心がけてみて下さい。

彼をイジるのは小学生レベルの恋愛アピール



好きな人をあえて“イジる”アピールは、男性が全く気付くことのできない恋愛アピールです。

好きな人をいじめてちょっかいを出すのは、小学5年生レベルのアピールなので、そんなことを大人がされても、不快に思うかボケとしか思えないため、絡みたいがためにあえてイジってアピールしても、彼はあなたの好意に気付いてくれませんよ。

自分に素直になれない、気持ちを素直に伝えられない、そういう女性も多いでしょうが、あまりにも子供じみているアピールでは理解されませんので、好きな人をイジって関係を築こうとしたり、絡もうとする女性は、もっと大人の女性を意識したアピールを心がけた方がいいかもしれませんね。

さいごに



本当はストレートにアピールしたくても、どうしてもできないのが乙女心だと思います。

そんな乙女心もわかるのですが、遠回しのアピールや理解のできないアピールでは、男性が鈍感なのではなく女性のアピールが下手としか言えないでしょう。

好意が伝わった後が怖くて思い切れないのかもしれませんが、できるだけ明確に好意を伝えないと相手に気持ちは伝わりませんので、男性が鈍感だと男性非難をするだけではなく、アピールの仕方を工夫してみて下さい。

(瀬戸 樹/ライター)

Photo by. Kelly Sikkema

あなたにおすすめ