「そっちは浮気にならないの?」『中学聖日記』4話、先輩とキスした勝太郎に疑問の声


 11月6日夜10時から第5話が放送される、有村架純主演の『中学聖日記』(TBS系)。視聴率は第1話6.0%、第2話6.5%、第3話6.2%、第4話5.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と下がり続けている。

同ドラマは、かわかみじゅんこの同名漫画を元に描かれる禁断×純愛のヒューマンラブストーリー。片田舎の町・子星平の中学校に赴任した末永聖(有村架純)は、どことなく不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に惹かれていく。

第4話では、子星中学校が夏休みに突入。自分が晶に惹かれていることに気づいた聖は、休みの期間を利用して晶と距離を置くことを決める。しかしそんな中、晶から「花火大会のあとに会いたい」というメールが届き、思わず心が揺らいでしまう。

花火大会の夜、見回りをするために会場を訪れていた聖は、晶が同級生の岩崎るな(小野莉奈)と2人きりでいる場面に遭遇。こみ上げてくる胸の苦しさに耐えられなくなった聖は、ひとり海辺へと向かうことに。一方、走り去っていく聖の姿を見かけた晶は、るなを置いて聖の後を追いかけた。

そして、海辺で2人きりになった聖と晶。晶は「先生のことをもっと知りたい」と、正直な気持ちをぶつけるのが、聖は勝太郎(町田啓太)との婚約を理由に拒絶してしまう。しかし、それでもあきらめきれない晶は「誰が何と言おうと関係ない。僕は先生が好きです」と告白。その言葉に心動かされた聖は晶を受け入れ、2人はキスをするのだった。

「勝太郎は聖に好きな人がいるのではと疑い、確かめるために先輩の原口(吉田羊)と花火大会に訪れていました。しかし原口は前回のエピソードで勝太郎に迫っており、半ば強引にキスまでしてきた相手。視聴者からは『自分だって先輩とデートしてたくせに』『その気がないのにキスされた相手と2人っきりになるか?』『そっちは浮気にならないの?』『勝太郎さんが聖ちゃん責める資格ないのでは』と、勝太郎の行動にツッコミの声が続出しています」(芸能ライター)

第5話では、手をつないだまま聖の家にやってきた聖と晶が、勝太郎と鉢合わせしてしまう。さらに、その現場を晶の母親・愛子が目撃しており、事態は最悪な状況に。聖はまず勝太郎に弁明しようとするが、勝太郎は「信じている」とだけ告げて、その場を後にするのだった。

翌日、教頭の塩谷(夏木マリ)から呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明することに。一方、愛子が学校へ行ったことを知った晶は、聖をかばうために学校へ駆けつけるのだった。

「勝太郎は原口と行動を共にしつつも、常に聖を気にかけています。『誘惑に負けずに聖とゴールインしてほしい』『勝太郎さんの優しさが裏目に出ないか心配』と勝太郎を応援する声も上がっており、2人の今後に注目が集まっています」(同)

教師として過ちを犯していることを自覚している聖。彼女はこのまま教師を辞めてしまうのか、目が離せない展開になってきた。

あなたにおすすめ