帽子のかぶりっぱなしはNG?薄毛を招く危険なかぶり方とは?

美beaute

2018/11/6 20:00


帽子でハゲるって本当?薄毛の原因とは?



帽子のかぶりっぱなしはNG?薄毛を招く危険なかぶり方とは?

普段から帽子を愛用している人にとって、帽子はオシャレアイテムとして欠かせないことでしょう。もちろんヘアスタイルをセットしなくて済むので、こうしたメリットで利用する人も少なくないでしょう。

そんな帽子好きの人で気になるのは、帽子をかぶることで薄毛につながるのでは?という疑問。薄毛の原因自体は、頭皮の炎症や雑菌、さらには男性ホルモンの分泌量などさまざま。

帽子をかぶることで薄毛につながるとすれば、長時間帽子をかぶることで、頭皮が蒸れてしまうこと。頭皮が蒸れた状態は、とても雑菌が繁殖しがちなので、頭皮環境は悪化します。

できるだけ通気性のよい帽子をかぶるように心がけたいところです。

ほかにも摩擦によって髪の毛が抜けてしまうこともあります。特に女性の髪の毛は細いので、抜けやすく、かぶりつづけていると薄毛につながることも。

また、あまりサイズがキツイ帽子をかぶると、頭が締め付けられて血行不良を引き起こすことも考えられます。

髪の毛の成長に欠かせない栄養素もうまく行き届かず、やがて薄毛を招いてしまう可能性もあります。

帽子は薄毛を守る!気をつけたいかぶり方



帽子のかぶりっぱなしはNG?薄毛を招く危険なかぶり方とは?

ここまでの部分だけだと、帽子をかぶると薄毛になると思ってしまいがちですが、一方で帽子は薄毛を防ぐ効果もあるのです。

それは、髪や頭皮を紫外線から守るということ。紫外線は頭皮や髪にダメージを与えるため、極力紫外線を防ぐことで抜け毛を防ぐことができます。帽子がこの紫外線対策に一役買っていることは言うまでもないですよね。

気をつけたいのは帽子の選び方と、かぶる時間です。できるだけ窮屈すぎないサイズを選びましょう。さらに長時間かぶりつづけるのは頭皮の蒸れを引き起こしやすいので、時々帽子を脱いで蒸れを防ぐように心がけましょう。

帽子は選び方、使い方次第で薄毛の原因にもなるし、予防にもなります。上手に使って薄毛を防ぎましょう!

あなたにおすすめ