千鳥・大悟、ポンコツホストに「わしやったらホンマに殴っとる」

ザテレビジョン

2018/11/6 19:56

11月6日(火)に「チャンスの時間」(AbemaSPECIAL)の最新回が放送。MCの千鳥と共に、ゲストのグラビアアイドル・葉加瀬が、“クセの強い対決”を見守ることに。

最初の対決は、2019年1月に放送予定の最大10億円の活動資金を提供する「AbemaTV」の新番組「10億円会議」にちなんだプレゼン企画を実施。

ダイアンの西澤裕介、なんでんかんでん社長の川原ひろし、当番組で度々罰ゲームのタイキックを披露しているティン・リー、AbemaTV新人アナウンサーの瀧山あかね、千鳥の大悟と行った5人の挑戦者が、“他人を幸せにする”アイデアをプレゼンし、千鳥のノブが採用・不採用をジャッジする。

「昔からマジで考えていた案を持ってきた」と自信を見せる西澤の案には、ノブも思わず「マジでいい」と太鼓判を。スタジオが感動に包まれた西澤の名案とは?

また、AbemaTVの瀧山アナは「少子高齢化社会を防ぐために、人々に子孫を残してほしい」と提案。

その仰天プランに、葉加瀬らスタジオメンバーは「ただの港区の食事会」と総ツッコミ! 果たして、本家「10億円会議」に持ち込めるような採用案は誕生するのか。

そして番組の後半では、かまいたちの山内健司と濱家隆一が監修する社会派企画第2弾として、かまいたちがダメホストを更生させる企画を実施。

歌舞伎町のホストクラブで勤め始めてから2年たつにもかかわらず、指名も売上もゼロというホストのD-ヨンファさんが客から人生初のシャンパンを入れてもらうことを目標とし、かまいたちからプロのトーク術を学ぶことに。

「『チャンスの時間』の公式指導員というポジションを頂いた」と意気込む山内だが、スタートから気遣いゼロというポンコツっぷりを見せるヨンファさんを前にお手上げ状態…。

自己紹介ギャグを伝授するなど果敢に指導に挑むかまいたちだが、あまりの出来の悪さにスタジオで見守っていた大悟すら「わしやったらホンマに殴っとる」というあきれっぷり。

果たして、かまいたちの熱血指導は報われるのか。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168365/

あなたにおすすめ