簡単? ずっと愛される女性がしている「ちょっとした心がけ」4つ




誰だって好きな人からずっと変わらずに「愛され続けたい」と思うものですよね? 世の中にはマンネリなんて言葉もありますが、長い付き合いになっても“ずっと愛される女性”との違いは何? 実はそんなに難しいことじゃないという声も!
今回は男女に聞いた「ずっと愛される女性がしている心がけ」をご紹介します。

愛され続ける女性の「心がけ」

1. ちゃんと「好き」と伝える



付き合いが長くなると「好き」と直接声に出して伝える機会も少なくなってくるものですよね? 言わなくてもわかるでしょ、になってしまいがち。ですが定期的に「好きだよ」「大好き」と伝えることでドキドキ感があってラブラブな関係を維持できるという声も!

「結婚して7年目ですが『大好き』ってちゃんと伝え合うことでドキドキ感をキープできると思う。長く一緒にいるとそんなの恥ずかしいってなりがちですが、定期的に伝えてみると愛情もさらにアップしますよ」(32歳・女性・アパレル関連)

▽ 好きって言っていますか? 長く一緒にいると家族みたいな関係になって「大好き」なんて恥ずかしい。でも定期的に伝えることって大切ですね!

2. 恥じらいを大切にする

ずっと一緒にいると「男女の関係」より「友達」っぽくなることも。その原因は「恥じらいのなさ」という声も多数! メイクしている姿は見せない、パンツだけでウロウロしないなど「女として意識」してもらうための工夫も大切です。

「恥じらいがなくなると、恋人というより親友みたいな関係になる。お互いに恥じらいは大事にしたい。お風呂上りに素っ裸でウロウロなんてダメですよ(笑)」(30歳・男性・美容師)

▽ 恥じらいをなくすと男女の関係じゃなくなるという声も目立ちました。最低限のマナーでもありますよね?

3. 彼中心の生活を送らない



大好きすぎて「彼中心」の生活を送ってしまう。これも「依存」になって重たい女になり引かれてしまうという声が目立ちました。自分の仕事や友達、趣味なども大切にして恋愛とのバランスをよくしないと「関係が負担になる」ことも……?

「彼にベッタリすぎると、ある意味『依存』と『束縛』じゃないですか? 自分の時間も大切にして、いい意味で距離をとっておくことも長続きの秘訣だと思う」(28歳・女性・美容関連)

▽ 何でも彼に合わせる生活を送っていると「なんか重たいな」とマイナスになることも。ずっと仲良しでいるためには、バランスが大切ですね。

4. いい意味で期待しすぎない

相手に「○○してくれるはず」などと期待していると、そうじゃなかったときに「なんで○○してくれないの?」とストレスにつながってしまうものですよね。勝手に彼に期待して「なんで?」になるとケンカや不仲の原因になります。

「期待しすぎないこと。勝手に彼はこうしてくれるだろう、と期待して違うと『なんで○○してくれないの?』ってなるじゃないですか。いい意味で期待しないって、関係を保つために大切です」(33歳・男性・メーカー勤務)

▽ 勝手に期待して、期待を裏切られたら「なんで!?」となるといい関係になれないものですよね。

まとめ

ちょっとした心がけで「ずっと愛される女性」になって、いい関係が続くこともあります! 小さなことですが、ずっと続けると大きな違いが出てくるものです。彼とずっと仲良しでいるために、意識してみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめ