「無職」と元貴乃花親方を紹介した日テレ『バンキシャ!』の意図

まいじつ

2018/11/6 19:00


画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月4日放送の『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)で、元貴乃花親方を紹介したシーンが物議を醸している。

10月に日本相撲協会へ“引退届”を突き付け、貴乃花部屋も消滅した元貴乃花親方。その後、何とバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演するなど、意外な行動を披露して話題になった。

そして今回放送の『バンキシャ!』では、元貴乃花親方の引退後の姿を特集。しかしVTRを予告する際、夏目三久アナウンサーが「無職の元貴乃花親方」とコメントしたため、ネット上は騒然となった。

《無職の貴乃花親方って酷くね?(笑)》
《バンキシャの無職の貴乃花親方って言い方は天然なの? 悪意なの?》
《悪意しか感じない発言が飛び込んで来て吹いた》
《無職の貴乃花親方って。ニュースでそんなフレーズ聞くと思わなかったわ》
《失礼過ぎるでしょ! 理事長より人気あるんだよ!》
《言い方に悪意あり過ぎて草》

などといったツッコミが続出してしまった。

職を求める元貴乃花親方


「番組では悪意を持ってやったわけではないみたいですよ。この日は、元貴乃花親方が、福岡・田川市で行われた『第13回TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~』に出演し、“わたがし職人”として腕を振るったことを紹介。元貴乃花親方自身も、『これから(綿菓子職人として)やっていかなきゃいけない。職を求めてるから』と自虐ネタを披露していたので、番組はそれに乗っかっただけです」(芸能記者)

“無職自虐”までするようになった元貴乃花親方。『しゃべくり007』では石原さとみ主演ドラマを2作見たことを明かすなど、いい意味でイメージをブチ壊し中。

まさに最強の無職と言えるだろう。

あなたにおすすめ