ねっとり甘い! ハーゲンダッツ新作『紫イモのクレームブリュレ』

fumumu

2018/11/6 19:00


11月に入り、秋本番になってきました。秋になると次々と登場してくる芋スイーツたち。

6日、全国のローソンとナチュラルローソン限定で『ハーゲンダッツ マイスイート 紫イモのクレームブリュレ』(324円・税込み)が発売されました。

クレームブリュレとは、カスタードクリームの表面を香ばしくキャラメルリゼしたフランスのデザートのこと。

「紫イモで、ブリュレで、アイスって、一体どんな味なんだろう…」気になったfumumu記者が早速実食してみます。

■カラメルソースがたっぷり


ほっくりとした味わいの紫イモソースが入った紫イモアイスクリームの上に、パリパリとした食感が楽しいカスタードチョコレートコーティングをのせ、香ばしくほのかな苦味が味わえるカラメルソースで、この時季にぴったりのクレームブリュレを表現したそうです。

紫イモブリュレ

蓋を空けてみると、表面にたっぷり、いっぱいのカラメルソースがかかっていました。

紫イモブリュレ(2)

一口すくってみると、焦がしブリュレのようにパキッとした堅い感じはなく、むしろ、その下に敷かれたカスタードチョコレートがパリパリです。

表面のカラメルソースがとろとろしていて、こぼれてしまいそう。カラメルソースの下には薄い紫色のアイスが顔をのぞかせています。

■まるで和菓子みたい!


素朴でねっとりとした甘い紫イモの味と、ほのかな苦味があるカラメルソースのバランスはバッチリ。パリパリとした甘いカスタードチョコレートがいいアクセントになっています。

洋風のお菓子・ブリュレを食べているというよりは、和菓子を食べているようなほっこりとした味わいですね。食べていると、お茶と一緒にいただきたくなります。

甘すぎず、苦すぎず、まさにこの季節にピッタリのアイスクリーム。

あと1ヶ月もすれば、12月に入り冬がやってきます。秋の風情を楽しめるのもあと少し。和と洋が合わさった贅沢なアイスを堪能してみては。

・合わせて読みたい→スタバのハロウィン「魔女」&「姫」フラペチーノはどんな味?

(文/fumumu編集部・栞)

あなたにおすすめ