お米のとぎ汁捨てないで!美容成分がいっぱいの0円スキンケア

美beaute

2018/11/6 19:00


お米に含まれる美容成分とは?



お米のとぎ汁捨てないで!美容成分がいっぱいの0円スキンケア

お米のとぎ汁に含まれる成分をご紹介します。

◎ビタミンB1
皮膚や粘膜を補修して肌の代謝を高め、乱れたターンオーバーを正常化へと導く効果が期待できる。
◎ビタミンC
シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるそう。
◎ビタミンE
アンチエイジングに効果的な抗酸化作用やホルモンバランスを整える働きを持つため、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)の緩和に期待できる。
◎ミネラル
老化の原因となる活性酸素から細胞を守る働きがあるそう。
◎セラミド
肌に潤いをもたらすセラミドは、年齢とともに減少するとか。乾燥や紫外線から守ると言われている。

これだけ見ても、お米のとぎ汁はスキンケアに嬉しい美容成分ばかりが入っていますよね。

美容成分いっぱいのお米のとぎ汁の作り方



お米のとぎ汁捨てないで!美容成分がいっぱいの0円スキンケア

【とぎ汁の作り方】3合分のお米の場合です。
1. いつも通りお米を洗います。表面の汚れをとるだけなので、さっと短時間で洗い、水を切ってください。
2. 米粒同士が擦れるように手のひらで2~3分こすり合せます。
3. 1カップ分の水を入れ、良くかき混ぜます。
4. ここで出たとぎ汁にたくさんの美容成分が含まれているそうなので、容器に入れて冷蔵庫で保管し、1日で使い切りましょう。

【使い方】
◎化粧水の前に
普段通りにクレンジング・洗顔を行い、とぎ汁を顔につけます。軽くマッサージした後、お湯で洗い流し、普段通りのスキンケアを行なってください。
◎洗髪に
シャンプーの後にとぎ汁で髪をすすぎます。その後、リンス(コンディショナー)を行います。
◎入浴に
余ったとぎ汁はお風呂に入れましょう。美肌効果が期待できます。

【応用編】
◎とぎ汁パック
作っておいたとぎ汁を5時間程冷蔵庫に入れておくと分離します。上澄みを捨て、下のクリーム状の沈殿物でパックします。3~5分後洗い流してください。
◎化粧水として
市販の「グリセリン」を少量入れて化粧水としても使用できるとか。米のとぎ汁に対して、1~5%程度のグリセリンが目安です。

※肌に異常が表れた場合は使用をやめ、皮膚科を受診してください。

あなたにおすすめ