悪気はないと男性が訴える! 女性を無意識のうちにカチンとさせる言葉

カナウ

2018/11/6 18:30


悪気はないと男性が訴える! 女性を無意識のうちにカチンとさせる言葉

男と女はまるで異なる価値観をもった生き物です。
当然、イラッとするポイントにも大きなズレがあります。

そして、このズレを知っておけば、余計な争いを防ぐことができるはず。

今回は、
『男性は悪気があって言っているわけではないけれど、女性にとってはカチンときやすい言葉』
をご紹介します。

女性をイラっとさせる男性の言葉「こうしたほうがいいんじゃない?」


男性に愚痴や相談ごとを話したとき、このようなことを言われてイラッとした経験がある女性は多いでしょう。

男性は物事を解決したがる傾向がありますが、
女性は物事の解決よりも自分のつらい境遇を理解してほしいという心理傾向をもちます。

この男女間のズレが、このようなイラッとする経験を生んでしまうのです。

愚痴や相談を話された男性としては、
「彼女の問題を解決してあげたい」
と親身に思うことからこのような発言をするので、けっして悪気があってのことではありません。
ぜひ覚えておいてください。

女性をイラっとさせる男性の言葉「つまりなにが言いたいの?」


女性にとって会話とは、コミュニケーションそのもの。
必ずしもなにかを目的として、
「相手に伝えたいことがあるから会話をする」
というわけではありません。

そのため、男性に
「つまりなにが言いたいの?」
と問われても、女性としては
「ただ話をしたかっただけなのに……」
と、ショボンとしてしまいますよね。

男性にとって会話とは、情報伝達のための手段という意味合いが強いです。

男性は会話をするとき、
「この人は自分になにを伝えたいんだろう?」
ということをつねに意識して、相手の話を聞きます。
そのため、フワッとした内容の話を聞くと、頭の中にクエスチョンマークが飛び交い始め、どこを着地点としてしゃべればよいのか、迷子になってしまうのです。
そこでつい、このような言葉を女性に言ってしまいます。

女性をイラっとさせる男性の言葉「頼もしいね」


女性は、「頼もしいね」と男性から言われると、
「女性として見られてない!」
「男勝りだと思われた……」
とショックを受けるかもしれません。

しかし、男性にそんなつもりはまったくないのです。
単純に
「いてくれて助かったよ」
「頼りにしているよ」
という意味合いでこの言葉を使います。

男性のほめ言葉は、性別で区別することはほとんどないと思ってください。
男性相手に使うのと同じ言葉を女性にも使ってしまいがちなので、
「失礼な!」
「馬鹿にしてるの!?」
とカチンとくる気持ちもわかります。

ですが、用いられた言葉はどうあれ、冷静に
「これってほめられたんだよね?」
と彼に確認してみては? 素直に受け入れられるかもしれません。

女性をイラっとさせる男性の言葉「前の髪形のほうがよかったな」


髪形を変えたとき、男性にこう言われるとすごくショックですよね……

ですが、別に今の髪形が気にいらない・変だと言っているわけではありません。
むしろ、こういう言葉が出るということは、ちゃんと相手を見ている証拠なのです。

もし、気になる男性からこのように言われても、残念がる必要はないのです。

むしろ、
「じゃあどういう髪形がいいかな?」
と聞いて、その男性の好みを聞き出すといいかもしれません。

まとめ


イラッとしたときには、言った相手が親密な関係の相手であるほど、
「そういうこと言われると嫌な気分になるの。どうしてそんなことを言うの?」
と、冷静に話し合うことが大切です。

そういう話し合いを重ねることで、彼氏や好きな人との相互理解が進み、長続きする関係を築くことができるでしょう。

(高萩陽平/ライター)

公開日:2017年12月10日
更新日:2018年11月6日



あなたにおすすめ