『PSYCHO‐PASS』劇場3部作のキーワードが散りばめられた予告公開

クランクイン!

2018/11/6 18:15

 劇場アニメ3部作『PSYCHO‐PASS サイコパス Sinners of the System』より、物語のキーワードが散りばめられた予告編が解禁。これまで語られていなかった『PSYCHO‐PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれようとする。

【写真】『PSYCHO‐PASS サイコパス Sinners of the System』ポスタービジュアル&前売り特典

『PSYCHO‐PASS サイコパス』は、2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション。2014年にTVアニメ第二期、2015年には劇場版アニメが公開された。そして最新作である劇場版アニメ三部作は、約100年後の日本とアジアを舞台に、現在、過去、未来に起きる事件が語られる。

制作にはこれまでのシリーズと、劇場版に参加したスタッフが再結集した。塩谷直義が監督を務め、アニメーション制作もProduction I.Gが担当。「Case.1」の脚本は、ノベライズ『PSYCHO‐PASS ASYLUM/GENESIS』を執筆した吉上亮、「Case.2」と「Case.3」の脚本は、TVアニメ第一期、劇場版の脚本を手掛けた深見真が担うことになった。

映像には5人の主要キャラクターより霜月、宜野座、須郷、征陸、狡噛らが登場。規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちによって、これまで語られていなかった『PSYCHO‐PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれようとする様が描かれている。

また11月9日より対象劇場にて、3作品綴り前売り券(ムビチケ)が販売開始。劇場購入特典のオリジナルクリアポストカードがセットとなり、価格は3900円。

映画『PSYCHO‐PASS サイコパス Sinners of the System』は、2019年1月25日より連続公開。

あなたにおすすめ