お赤飯の無料頒布、11月23日に明治神宮で実施

お赤飯の消費拡大への活動を行っている一般社団法人 赤飯文化啓発協会は、11月23日の「お赤飯の日」に、明治神宮 参道 フォレストテラス明治神宮脇でお赤飯の無料頒布を実施する。実施時間は11時~、14時~で、頒布数量は各1,000食(※先着順)。

古くは皇極天皇(642年即位)の時代より、11月23日の新嘗祭(にいなめさい)にお赤飯の起源といわれる赤米などの五穀を、その年の収穫に感謝を込めて奉納したと言われている。現在も、11月23日に全国各地で五穀を奉る伝統が継承され、明治神宮でも毎年盛大に新嘗祭が行われている。

また、11月23日は勤労感謝の日。「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日に、働く人や家族への感謝の気持ちを込めてみんなでお赤飯を食べてもらいたい」との想いとともに、お赤飯文化を広く啓発することを目的に無料頒布を実施する。

なお、2回目となった昨年は、午前中雨模様だったにもかかわらず、頒布開始時間前から長蛇の列。大盛況のうちに2,000食の頒布が終了となった。

あなたにおすすめ