これが正解♡男性が「ちょうどいい」って感じる♡心の距離感3つの法則

michill

2018/11/6 17:00

最初は「一歩引いた」距離感が男性を意識させる




タイプの男性と出会った、初デートがとても楽しかったという時、いきなり心の距離を詰めてしまいがち。つい気持ちが盛り上がって、ぐいぐいと男性を押していませんか…?

「早く会いたい」「次はいつ会える?」など、男性を急かすような発言はぐっと我慢してみてください。もしも「彼も楽しんでた」「脈ありな感じがした」と思ったのであれば、焦らなくても相手から連絡がくるはず。

最初は押しまくるよりも「一歩引いた」くらいの距離感が大切ですよ♡

「対等」と思える関係がちょうどいい距離感を保つ


恋愛では「お互いに素直な気持ちで向き合える」ことが良いバランスを生み出します。相手に気を遣い過ぎて、言いたいことを我慢してしまったり、逆に自分の気持ちを押し付け過ぎたりしては、ちょうどいい距離感は保てません…。

「押しすぎも引きすぎもダメ」と難しく考える必要はなく、「彼に依存しない」「自立した女性でいる」ということが男性と対等な関係を作るポイント。精神的な自立こそが、男性と「ちょうどいい距離感」を保つ秘訣ですよ。

対等な関係で、お互いに高め合える存在になれたら素敵ですね♡

「物足りない」くらいがちょうどいい距離感に♡




「物足りない」という気持ちも、ちょうどいい距離感をキープする上で重要なポイント。好きだからこそ、「ずっと一緒にいたい」「もっと相手のことを知りたい」と思うものですが、それを満たし過ぎないのが大切なんです。

たとえ好きな相手とでも、常に一緒は息が詰まってしまうもの。ひとりでゆっくりする時間も必要です。毎回ギリギリまで一緒にいるのではなく、解散時間を前もって決めておいて、話し足りなかったことは次の楽しみにとっておきましょう。

いつもちょっぴり物足りないくらいで終わるのがベストですよ♡

今回は男性が「ちょうどいい」と感じる距離感についてご紹介しました。

距離感の取り方が上手くないと、なかなか男性との関係は育っていかないものです。遠すぎず、近すぎず、ちょうどいい距離感を意識して、気になる男性と接してみてくださいね。

「#男性心理」の記事をもっと見る

あなたにおすすめ