V6・三宅健、「滝沢がBBQをすると、もはや業者」説を裏付けるジャニーズ映像の存在告白


 V6の三宅健がパーソナリティを務める『三宅健のラヂオ』(bayfm)。11月5日深夜の放送回は、三宅が11月21日に発売される『滝沢歌舞伎2018』のDVD特典について言及した。

三宅が主演を務める舞台『二十日鼠と人間』の東京公演が終わり、11月8日から大阪公演がスタートする中、番組冒頭では、「大阪公演がまだこれからですけども。はー、長かったなー。長いね。今回は結構2回公演ってこんなにキツいんだって思った。今回の『二十日鼠と人間』は。なんか心が崩壊しそうで。ほんとに……」と語り始め、「怒り散らしてさ。怒鳴り散らしてさ。かと思ったら、なんか号泣しちゃってさ。2回公演の日ね、泣きすぎて頭痛くなっちゃうんだよね。あれ」と、舞台がかなりハードだったことを伝える三宅。

そんな三宅は、舞台で喉を潰して本番以外は声を出せない状態で、共演者ともあまり話していないという。しかし、以前、舞台で共演した俳優の大石継太や劇団ナイロン100℃所属の女優・村岡希美、劇団ザシャンプーハットの野中隆光らが、舞台を見にきてくれたと言い、「なんかいろんな人に会えてうれしかったなぁ。で、みんな心配してくれてさ。喉壊してるっていうから、みんな蜂蜜(笑)。メープルシロップももらったし、あと、マヌカハニー」と、喉に優しい食べ物を差し入れてもらったことを報告した。

さらに「マヌカハニーとさ、蜂蜜って違うの知ってた? 違うんだって」と、マヌカハニーの成分を読み上げながら、マヌカハニーは「金属スプーンで食べることによって変質してしまう可能性が高くなるんだって。だから金属スプーンで食べちゃいけないんだって。簡単に言うと効能が薄れる」と説明。しかし、マネジャーは金属製のスプーンをいつも用意していたらしく、「効果半減したやつを食べさせられてたっていうね。毎回こういう時に思うね。何が恐ろしいって“無知って一番恐ろしい”って」と話したのであった。

また、11月21日には『滝沢歌舞伎2018』のDVDが発売されるということで、初回盤Bに収録されている特典映像「滝沢秀明主催BBQパーティに密着!」について、「滝沢(秀明)が主催のですね。それこそ『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)でも話題となりました。滝沢がBBQをすると、もはや業者だというような話だったんで、その業者っぷりっていうのを実際にDVDでファンの皆さんに楽しんでもらいましょうっていう企画」と、滝沢主催のバーベキュー大会を開催してもらったと語る。

滝沢の完璧な仕切りはファンの間でも有名で、今年7月に放送された同番組では、ジャニーズJr.のSnow Manが「プライベートのBBQなのに事前にチラシを配布。観光バスをチャーター。ドリンクメニュー表も用意され、業者レベルのパーフェクトなBBQリーダー」と滝沢のことを称賛。過去には、ジャニー喜多川社長の誕生日会もインカムをつけながら完璧に対応し成功に導くなど、そのスーパー幹事っぷりは、嵐・二宮和也TOKIO国分太一からも絶賛されているのだ。

最後に三宅は「本当に『滝沢歌舞伎』は良いカンパニーだと思いますよ。本当に。ぜひとも皆さんに、たくさんの方に、手に取っていただきたいなと思っております」と話し、SNS上では「滝沢歌舞伎のカンパニーが集まったって聞いただけで胸熱」「滝沢カンパニーは、本当にいいですねっ言ってくれたの泣ける」「DVDへの期待がさらにアップ」という声が集まっていた。

あなたにおすすめ