ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズ英国ツアー不参加も「素晴らしいショーになるはず」

かねてから再結成が熱望されていた英女性アイドルグループ「スパイス・ガールズ」が、来年6月に英国ツアーを開催することが現地時間5日、正式に発表された。しかし自身のビジネスや家庭との兼ね合いから、“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカムはこのツアーには不参加を表明。同日にはヴィクトリア本人がInstagramにて、4人で行う「スパイス・ガールズ」英国ツアーの成功を願いその思いを綴った。

今年2月、ロンドンにある“ジンジャー・スパイス”ことジェリ・ハリウェル(46)の自宅に元メンバーの5人が集結し、「いよいよ再結成か?」と盛り上がっていた「スパイス・ガールズ」。この日のもようをInstagramにアップしていた“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカム(44)も「私の大好きなガールズたち!!! たくさんのキスを!!! 待ちきれないわ」と記し、再結成を連想させる「終わりなき友情」「ガールパワー」というハッシュタグを添えていた。

あれから9か月が経った現地時間5日、「スパイス・ガールズ」の英国ツアー決行をアナウンスする短い動画がグループの公式Instagramにアップされた。4都市を生中継で結ぶニュース報道のように見せかけたこの動画、画面の4分の1のスペースにそれぞれジェリ・ハリウェルや“スケアリー・スパイス”のメル・B(43)、“ベイビー・スパイス”のエマ・バントン(42)、“スポーティ・スパイス”のメラニー・C(44)が映っており、「スパイス・ガールズ」が英国ツアーを行うとの速報が画面下に流れている。

しかしそこには“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカムの姿はなかった。自身のファッションブランド「Victoria Beckham」の創設者兼クリエイティブディレクターであるヴィクトリアは、新サッカークラブ「インテル・マイアミ(Inter Miami)」のMLS(メジャーリーグサッカー:米国&カナダのプロサッカーリーグ)参入に向け多忙を極める夫デヴィットと、スケジュールを調整し合いながら3男1女を育てている。

そのため以前から、家庭やビジネスとの兼ね合いでツアーには難色を示していたヴィクトリアだけに、今回の不参加表明はファンにとって“想定内”ではあったものの、やはり「5人揃った『スパイス・ガールズ』が見たい」というファンは落胆を隠せないだろう。

ヴィクトリア・ベッカムはツアー詳細の正式発表に先立ち自身のInstagramを更新し、4人の「スパイス・ガールズ」の画像をアップするとともに以下のように言葉を添えた。

「2012年のパフォーマンス以来、初となるツアー日程が発表され、今日は『スパイス・ガールズ』の4人にとって記念すべき一日となりました。」

「私は今回のステージには参加しませんが、『スパイス・ガールズ』のメンバーだった日々は、自分の人生にとって非常に意味のある大切な一節でした。来年のツアーが、愛と笑いに溢れたステージとなることを祈っています。」

「素晴らしいショーになることは間違いありません。昔ファンでいてくださった方も、そして現在も変わらずファンでいてくださる方も、誰もが至福の時間を過ごせることでしょう!」

来夏開催予定の「Spice World 2019 UK Tour」は、来年6月1日のマンチェスターを皮切りにコヴェントリー、サンダーランド、エディンバラ、ブリストルと英国内をおよそ2週間かけて回ったのち、ロンドン北西部の「ウェンブリー・スタジアム」にて最終日を迎える。

画像は『Victoria Beckham 2018年11月5日付Instagram「Today marks a special day for the girls as they announce the first tour dates since we performed together in 2012!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ