誰でもいいって思うように おぎやはぎ矢作兼、結婚を後押ししてくれた人物

grape

2018/11/6 15:15

お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼さんが、2018年11月1日に放送されたバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演。

矢作さんは番組で、2016年に一般女性と結婚をする決意を固めた理由を明かしました。

樹木希林さん「じゃあ結婚できないわ」

45歳で結婚した矢作さん。それを後押ししたのは、2018年9月に亡くなった女優の樹木希林さんだといいます。

矢作さんがレギュラーを務める番組に樹木さんが出演した際、「矢作さんは結婚されてるの?」と聞かれたそうです。

結婚していないと答えると、樹木さんは次に、年齢を聞いてきたのだそう。

「42歳です」と矢作さんが当時の年齢を答えると、樹木さんに「あぁ、じゃあ、もう(結婚)できないわ」といわれてしまったそうです。

その理由を、樹木さんはこう語りました。

ものの分別のつく男に選べる女性なんて、この世の中にいないわよ。
ぐるぐるナインティナイン ーより引用皮肉にもとらえられますが、矢作さんにとっては納得できる言葉だったようです。

現在独身のナインティナイン・岡村隆史さんも「もう40歳にもなったらね」とうなずいていました。

そんな樹木さんの言葉を受け、矢作さんは「そういわれた瞬間、誰でもいいって思うようになったんですよ」と説明。

そして、「誰でもいいって思ったら、奥さんいたんですよね」と、当時付き合っていた女性と結婚を決断することができたといいます。

【世間の声】

・樹木さんの言葉、なるほどな~と思った。

・私の心にも突き刺さりました。

・結婚は大事な人生のイベントだけど、慎重に考えすぎちゃうとズルズルいっちゃうよね。

・矢作さんとしては樹木さんに感謝だね。

もちろん、「誰でもいい」というのは芸人らしいバラエティ番組での表現でしょう。

結婚に対する意識のハードルが下がったことで、踏ん切りがついたということではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ