世界初のIoTルアー、社長の悲しい釣り体験から誕生

スマートルアーは11月6日、水中環境やルアー(疑似餌)のアクションをセンサーで計測できる世界初のIoTルアー「スマートルアーα」を完成させ、屋外環境での実証実験を開始したと発表した。現在、2019年のIoTルアー発売に向け、複数のルアーメーカーと協議を進めているという。

同社は代表取締役社長(創業者)の岡村雄樹氏が、冬の札幌で「4か月間、1匹も魚が釣れない」という悲しい釣り体験をしたことをきっかけに、2017年3月に設立したスタートアップ。詳細な水中環境や気象条件、釣り人の行動といった情報をビッグデータ化し、得られたデータを分析して「どのような釣り方をすれば釣果が上がりやすいか」といった情報提供を行うことを目的としている。

今回のIoTルアー「スマートルアーα」は、市販ルアーをモデルに、形状や重さをほぼ同じにした試作品。自然湖や実験水槽でのテストで加速度や温度、照度などを計測しており、従来は高速度カメラのような特殊な機材がなければ確認できなかったルアーの詳細な動きをデータ化するなどの成果を挙げている。「スマートルアーα」に搭載しているセンサーモジュールは、低コストでの調達・製造が可能な汎用パーツを使用し、自社開発しているという。

あなたにおすすめ