馬場俊英 ゲストに佐藤竹善 満員のツアーファイナルが名古屋で!

UtaTen

2018/11/6 12:01



馬場俊英 満員御礼のファイナル!


9/19にリリースした共作共演によるコラボレーションアルバム『ステップ・バイ・ステップ』を引っさげ、9//22の浜松を皮切りに全5ヶ所8公演のACOUSTC TOUR 2018 ステップ・バイ・ステップ がスタート。


【写真を見る】ライブパフォーマンス中の馬場俊英




その後、10/13の東京キネマ倶楽部を皮切りに、全3ヶ所8公演の毎会場日替わりゲストを招くBAND TOUR2018 ステップ・バイ・ステップ with Friendsが開催された。
そして、11/4、名古屋DIAMOND HALLで満員御礼のファイナルを迎えた。


イントロからスタンディング


開演前から熱気が会場を包みオープニングはアルバムタイトルナンバー『ステップ・バイ・ステップ』イントロからスタンディングで会場中が盛り上がりを見せた。馬場は、満面の笑顔で会場の声援に応えていた。

千秋楽には佐藤竹善が


千秋楽はゲストに佐藤竹善(SING LIKE TALKING)を迎え、アルバムでコラボした『さよならシティライツ』を初めて2人で披露。以前、佐藤竹善とコラボした『スーパーオーディナリー』、馬場のリクエストでSING LIKE TALKINGの『回想の詩』を演奏。満員の会場は息を飲むように2人の歌に聴き入り佐藤竹善を見送った。

後半はアップナンバーを立て続きに披露。ラストナンバー『ボーイズ・オン・ザ・ラン』では、会場中の観客はタオルをかざし、ステージと一体化しながら終演した。


ホールツアーを発表


アンコールでは、様々なアーティストと共演する事で、大いなる刺激を受けた馬場俊英は、2021年に迎えるデビュー25周年に向けてさらなるステップを目指すこと、そして来春のホールツアー発表しステージを後にした。

【ステップ・バイ・ステップ TOURゲスト参加アーティスト(順不同)】
KAN、佐藤竹善、宮沢和史、広沢タダシ、池田綾子、光永亮太、森大輔、須澤紀信、NEIGHBORS COMPLAIN

【セットリスト 2018.11.4 名古屋DIAMOND HALL】
1、ステップ・バイ・ステップ
2、Maybe Tomorrow
3、ダウン・ザ・リバー
4、スニーカードリーマー
5、思い出のレストラン

6、Bird
7、幸せの坂道
8、天国でもう一度マリーミー
9、さよならシティライツ(ゲスト:佐藤竹善)
10、スーパーオーディナリー(ゲスト:佐藤竹善)

11、回想の詩(ゲスト:佐藤竹善)
12、同じものをみていた
13、働楽~ドウラク
14、向かい風は未来からの風
15、K点を超えるなら靴擦れを直せ
16、ボーイズ・オン・ザ・ラン

EC
17、君がくれた未来
18、明日のほうだよ
19、最後まで

【参加ミュージシャン】
五十嵐宏治[Key.] / 馬場“BABI”一嘉[G.]、
白根賢一(GREAT3)[Ds.] / 山川浩正(ex. THE BOOM)[Bass]



あなたにおすすめ