杉江大志「挑戦的な作品になっている」 『メサイア-幻夜乃刻-』撮影裏話も披露

テレビファン

2018/11/6 13:56


 映画『メサイア-幻夜乃刻-』完成披露舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の杉江大志、山田ジェームス武、山本一慶、橋本真一、宮城紘大ほかが登壇した。

本作は、高殿円氏の小説『MESSIAH - 警備局特別公安五係』を原案に、メディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目。2018年4月に上演された舞台「メサイア-月詠乃刻-」に続くストーリーで、舞台版に続いて杉江が主演する。

撮影の様子を聞かれた宮城は「独りぼっちでした」と振り返った。本来、スーク(宮城)は、サリュート(山田)のパートナーとして、共に行動するはずなのだが、本作ではある理由から別行動を取る。その代わり、山田は「(杉江演じる)加々美いつきと2人での撮影が多かった」と明かし、杉江とともに「楽しかった」と笑顔を見せた。

そんな2人を尻目に、宮城は「でも、今回、ジェーくん(山田)と撮影が一緒の日が1日あったんです」と話した。その日、宮城は購入したばかりのiPhoneを自慢していたそうで、「休憩中に寝て起きたら、iPhoneにたくあんが乗ってて…後から考えたらジェーくん(がやったん)だったなって思いました。それが、ジェーくんとの撮影の思い出です」と裏話を明かした。

最後に、杉江は「『メサイア』の中でもすごく挑戦的な作品になっています」と本作をアピールし、会場に集まったファンに「自信を持って届けられる作品になっていると思います。まずは見ていただいて、それから語り合いましょう」と呼び掛けた。

映画は11月17日からユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国公開。

あなたにおすすめ