凸版印刷「印刷の色、クラウドで確認できますよ」

181106-cms
Image: guruXOX / Shutterstock.com

色の標準化って難しいんですよ。

凸版印刷株式会社が、インキ、用紙、印刷方式などを指定するだけで最終印刷物の仕上がり色調の違いをディスプレイ上にシミュレーションするサービス「カラーマネジメントクラウドサービス(CMSクラウド)」を2018年11月より運用するそうです。

ディスプレイで見える色と実際に印刷したときの色には必然のズレがあるもので、このズレをおさえるために色校正が用いられてきました。RGBとCMYKの運命ってやつですね。

今回のCMSクラウドは、インキ(特色も)や用紙、オフセット印刷やグラビア印刷などの印刷方式、さらには印刷物を観察する照明の色温度などの印刷情報を指定して、実際はこんな刷り上がりになりますよーという色校正をオンラインで表示してくれるサービス。本番印刷の前に色校正を見ておけば「思ってたより黄色が薄くなる」などのズレが事前にわかるため、レイアウトデータの調整ができるというワケです。
181105cms
Image: 凸版印刷

色校正は印刷屋によっては対応してくれるところもあり、実際に刷ってもらった色校正を見てデータを調整していました。シアンが目立つなとか、やたら緑っぽくなるなとか。CMSクラウドによって、オンラインでかんたんに違いが確認できるとなれば、デザイナーや写真家、同人作家などなど、色にこだわる多くの人が助かるはず。

複数の人が同じ色校データをチェックすることで、仕上がりのイメージを共有できるメリットもありますね。その場合はディスプレイのキャリブレーション差も出てきますけど、なんせ色への注意が払いやすくなったのはすばらしい。iPadでも確認できたらナウいけどなぁ。

Source: PR TIMES

あなたにおすすめ