週間 木枯らしの季節ですが、金曜は南風

日直予報士

2018/11/6 12:00

7日は立冬。暦とは裏腹に、この先も朝晩の冷え込みは弱く、日中の気温もこの時期としては高めの予想。9日(金)から10日(土)は全国的に南風が強めに吹き、荒れた天気となる恐れ。

●あすの天気

北海道付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。
【各地の天気】
沖縄は晴れ間が広がる見込みです。九州南部は秋晴れが続くでしょう。北部は薄い雲が広がりそうです。中国地方も山陰を中心に雲が多いでしょう。四国は大体晴れる見込みです。近畿は晴れ間もありますが、北部では雨がパラツク所があるでしょう。北陸は明け方まで、にわか雨の所がありますが、日中は雲が多いながらも日の差す所がありそうです。東海は昼ごろにかけて晴れる見込みです。午後は次第に雲が広がるでしょう。関東は雲に覆われて、日が差すのは北部の一部に限られそうです。東北は晴れ間が広がる見込みです。北海道も各地で青空が広がるでしょう。

【気温】
最低気温は、北海道は、けさ(6日)より低くなりそうです。それでも平年並みか、やや高く、5度前後の所が多い予想です。東北から九州は、けさと同じくらいか、やや高いでしょう。東北は、北部は6度前後、南部は10度前後の予想です。北陸は12度前後の所が多い予想です。関東と東海は16度前後で、多くの所で10月上旬から中旬並みの予想です。近畿は15度前後、中国地方と四国は12度前後、九州は14度前後の予想です。沖縄は22度前後の予想です。
最高気温は、北海道や東北北部は平年並みの所が多いでしょう。北海道は10度前後、東北北部は15度前後の予想です。東北南部から九州は平年より高く、多くの所で20度以上の予想です。近畿や四国、九州南部では、24度くらいまで上がり汗ばむ陽気になる所がありそうです。

●あさって以降の天気

8日(木)は、北海道付近の高気圧は東へ離れるでしょう。東シナ海には低気圧が発生し、夜には前線を伴って朝鮮半島付近まで進む見込みです。全国的に雲が多くなるでしょう。九州付近では南よりの風が吹き、最高気温は25度近くまで上がる予想です。

9日(金)から10日(土)は、低気圧が発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。広く南よりの風が吹き、最高気温は10月中旬並みとなる所が多いでしょう。関東では10月上旬並みの予想です。朝晩の冷え込みも弱いでしょう。最低気温は関東や北海道で、この時期としてめったにない高さとなる所がある予想です。
低気圧からのびる寒冷前線は日本列島を通過する見込みです。九州から近畿は、前線の通過するタイミングで雨が降り、風が強まるでしょう。東北や北海道では、前線が通過する前から南風が強めに吹きそうです。荒れた天気となる恐れがあります。
寒冷前線の通過後は日本付近は一時的に冬型の気圧配置になる見込みです。北海道と東北の日本海側は、雨が降りやすいでしょう。東北の太平洋側、関東や東海、近畿から九州では、天気は急速に回復しそうです。
11日(日)は、本州付近は大陸から張り出す高気圧に覆われる見込みです。北海道は雨が残る所がありますが、東北から九州は晴れ間が広がる所が多いでしょう。
12日(月)は、広く気圧の谷や湿った空気の影響を受ける可能性があります。予報は曇りや雨に変わるかもしれません。最新の予報をご確認ください。

あなたにおすすめ