最高彼女のスタンス!嫉妬する気持ちや彼の過去には「あえて無関心」がいい

ハウコレ

2018/11/6 11:00



どうもあかりです。「無関心」というと、よく「好きの反対」「好きじゃないことの証拠」みたいに言われがちだと思うのですが、これは恋愛というフィールドにおいては、あながちそうとは限りません。いくら好きな人であっても、その人に関してなんでもかんでも、「関心」を持ちまくる必要はありません。むしろ彼にとっては「あまりに見られること」が有害ですらあります。

どうでもいいところに対してはちゃんと「あえて無関心」でいることこそが、仲良しカップルに必要なメリハリなんです。それが「彼だけとちゃんと向き合い、恋をちゃんと楽しむ」ために大切なことだと私は思います。

今日は、とくに「恋って結局不安や悩みばっかり」という人にこそ、ぜひやってみてほしい「あえて無関心」をご紹介します。

■■「あなたとの関係」だけがあなたの関心事でしょ?
これは私も正直あまり得意ではないのですが、「私と彼との関係だけにフォーカス」するというのは、精神衛生上、とても大切なことですよね。きっとあなたの彼は魅力的で、ちゃんと人並みにはモテているはず。だから、仲がいい異性だっているし、それこそあなたという彼女の存在がいるにもかかわらず(それを知っているかもしれないし、知らないかもしれないけど)彼のことを密かに想っている異性だっているのです。

このことは、あなたが「カッコいい」と感じる男子と付き合った以上、逃れられない宿命です。「私にだけ100点に見えて、私以外には0点に見える男子」なんていないのですから。そして幸い「彼女のことが大好きで、彼女との関係はものすごく良好だけど、すんごく好きな人ができちゃった」みたいな思考回路になっている男子はほぼいません。

男子にとって「彼女以外の異性との関係」が気になり出すのは、たいてい決まっていつも「彼女との関係」がうまくいかず、グラグラ不安定になり始めてしまったときだけです。私たちだって、浮気をしてしまう(あるいはしてしまいたくなる)のは、「彼が相手にしてくれなくてさみしい」みたいな「彼との関係」に問題が生まれたときなはずです。

つまり、「私と彼との関係」が良好に、円滑に、ラブラブに保たれていさえすれば、「私以外の異性との関係」は全く危険な存在にはならないのです。

このことを認識していると、例えば、彼に他の女子からLINEが届いたり、彼が他の異性の話題をしてきたときにも、「あえて無関心」をしようという気持ちになれます。そして仮に「あえて無関心」がうまくできない(どうしても「関心」を持ってしまう)ときにも、なんとかすべきは、その異性との関係を潰すことじゃなくて、「それ以前に、私と彼との関係にまず問題があるのでは? その問題は、いったいなんだろ?」ときちんと的を外さない考え方ができるようになるはずです。

■■デートだけ、気にしてろ
好きな人との交際期間は、大きく2つに分類できます。それは「デートしてる時間」と「デートしてない時間」です。恋愛が辛くて不安でいっぱいな人は、この両方に「関心」を持ってしまいがちです。

反対に、恋愛が楽しくて、自由で、幸せだと感じている人は、「デートしてる時間」には超関心があるけれど、「デートしてない時間」には「あえて無関心」です。残念ながら、「デートしてない時間」というのは、「関心」を向けるには大きすぎて、見えなさすぎます。

一週間に一度、5時間のデートをする場合、時間の長さだけ比べても、「デートしてない時間」は「デートしてる時間」の約33倍もあります。しかも会っていないので、当然彼が何をしているのかなんてわからず、「ちゃんと今の瞬間も私のことを想ってくれているかな?」「他の子にうつつを抜かしていないかな?」なんて考えてもたしかめようがありません。

「デートしてる時間」の最中に、彼のことを楽しませたり、「かわいい」って思ってもらえるように頑張ったり、それこそデートが与えてくれるドキドキの波に耐えるだけでも精一杯だというのに、こんなに長くてしかも不透明な「デートしてない時間」まで相手にしようとするのは、あまりにも分が悪すぎる。泥沼なんです。「デートしてない時間」を、「あえて無関心」にして、代わりに、友達と遊んだり、仕事や勉強を頑張ったりすることに専念する。こういう女子が、メンタル的にもすごく安定した交際をできるんだと思います。

■■思い出は「最強おばけ」
私は、好きな人の昔の思い出を「最強おばけ」と呼んでいます。勝手に。たぶんこの世の中で私しかこうは呼んでいませんが、これからはみんなも、「好きな人の思い出」と聞いたら、「ああ、『最強おばけ』のことねー!」と即答できるようにしておいてくださいね(うぜえ)。

ではなぜ「最強おばけ」か。これは先ほどの「デートしてない時間」の延長線上のお話です。あなたと彼が23歳で出会ったとして、それまでの間、彼は何度かの恋を経験してきたでしょう。彼の初恋が15歳だとしたら、すでに「8年分の思い出」が蓄積されています。時間の長さでひっくり返すのは、少なくともこれから8年間以上彼と一緒にいる必要があります。気が遠くなりすぎて、私はここで一度執筆中に意識を失いました。(数時間後、意識を取り戻しつつ)さらには、(みんなも自分のことを思い出してみてくれればわかるけど)高校生のとき、大学生のときの恋愛というのは、とても情熱的で、無鉄砲で、ガムシャラで、一言で言い表すのなら最強に「青春」で、最強に「素敵な記憶」になってしまっています。

しかも、「現在の他の異性との関係」などのライバルとは違って、直接触れることができなくて、殴ってもナイフで刺しても全く無傷で、完全に「おばけ」です。

だから、「元カノのことの方が好きだったのでは?」と考え出すと、最悪の場合、病む。ホラー映画を見ると、夢に出てきてしまったり、夜一人でトイレに行くことができなくなってしまう人は、ホラー映画を見ない方がいいですし、実際、そうしている人もいますよね?この(ぶっちゃけ気にはなるけど)「あえて無関心」でいることを、「最強おばけ」に対してもやってあげてください。おばけは「いるかも」と思えば思うほど、怖くなって後ろを振り返りたくなります。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ