2018年絶品トレンド鍋を実食 - 「ムービージェニック」な鍋とは?


●2018年のトレンド鍋とは?
楽天が運営する楽天市場がこのほど、「楽天市場 鍋のトレンド発表会2018」を開催した。冬の代名詞ともいえる「鍋」。豊富なダシと具材の組み合わせは無限大で、毎年新たな鍋との出会いを心待ちにしている人も多いだろう。今回、鍋商品約2,500点(2018年10月時点)を扱う楽天市場から、厳選された全6種類のトレンド鍋を実食してきたので、その詳細をお届けしよう。

朝、満員電車がもれなく待っている駅へ向かう道も、冬の風で寒さが身にしみるようになった今日このごろ。すし詰め状態の電車に揺られ、仕事の忙しさに、ゆっくりランチタイムとはいかず、栄養補給という名の片手間の軽食で済ませる。そんなビジネスパーソンも少ないはず。筆者も例に漏れずそんな日々を送っているが「温かいものが食べたいな…」と冷めた体と心が欲している。そんな中、飛び込んできた今回の発表会。最近の鍋は、趣向を凝らした具材やダシの良さはもちろんのこと、「撮る」楽しさもトレンドだという。

○キーワードは「刺激系」「マー活」

楽天のマーケットプレイス事業 ECコンサルティング部 フード&ドリンク事業課の小野由衣シニアマネージャーによると昨冬(2017年11月~2018年2月)、「楽天市場」で売れた鍋ジャンルは、1位「もつ鍋」、次いで「水炊き」「きりたんぽ鍋」。そして、今年急上昇している鍋関連のキーワードは「刺激系」「韓国系」「豆乳」「本格鍋」だという。

「刺激系」は、最近流行の「マー活」を取り入れた鍋を指す。ちなみに「マ-活」とは、花椒(中国山椒)をたっぷり使った、舌や唇がビリビリとシビれる料理を好んで積極的に食べることを意味する。中華の四川料理では、花椒(麻=マー)と唐辛子(辣=ラー)を使った激辛料理を麻辣(マーラー)と呼ぶことに由来しており、2018年に日本では、女性を中心にインスタグラムで「#マー活」とシュアすることが流行しているとのこと。

「韓国系」「豆乳系」の根強い人気は健在である一方、注目すべきは調理器具としての「鍋」そのものを本格化させたエンターテインメント性が高い「本格鍋」。自宅で屋台のようにおでんを味わえたり、自宅で焼き鳥屋気分を満喫できたりと、調理自体を楽しませる工夫が人気につながっているようだ。

○「ムービージェニック」な鍋とは?

同社が発表した2018年の鍋トレンドは、もはやグルメの定番となった「インスタ映え」、忙しい現代人にニーズに沿った「時短鍋」や、調理の手軽さから気軽にできる「一人鍋」など、どれも私達の生活と深く関連付けられていて納得の結果だといえる。その中で、特に筆者の目にとまったワードが「ムービージェニック」、いわゆる「動画映え」だ。昨年から少しずつ耳にするようになり、個人的には主にスイーツのイメージが強かったのだが、「鍋を動画で撮影する時代が来るとは……」が率直な感想で「レンズが曇らないのかな?」と疑問を持ってしまった。

○ムービージェニックにチャレンジ

さっそく、映像が綺麗だと名高い自前の「iPhone Xs」を片手に動画撮影にチャレンジ。隣ではテレビ局のクルーが、照明を使って「影が湯気だ」と、さすがプロといえる連係プレーで撮影を行っていたが、こちらは相棒の性能頼み。

撮影に挑戦した鍋は「楽天市場」と「大阪王将 公式通販(餃子・焼飯)」が共同開発した「マグ麻辣(マーラー)水餃子鍋」(税込4,280円)。同社いわく「好みのチーズを足してお召し上がりいただくことで、 チーズのとろける様子を動画に収めてSNSに投稿するなど、 『ムービージェニック』にお楽しみいただけます」とのこと。

撮影時間は約2分。あくまで食べることがメインで、撮るのに夢中になりすぎて、美味しい鍋が冷めてしまっては本末転倒だ。真上から撮ろうか、横から撮ろうか、チーズの伸びるところをどれくらい近くで撮ろうか…と試行錯誤する時間が意外と楽しい。そして相棒の画質の良さに感動し、「プチディレクター気分」で撮影し終わると、まだ食べていないのに「自分が美味しそうに撮ったものが美味しくないはずが無い」とすでに愛着が湧いてくる。なるほど「ムービージェニック」は、なかなか侮れない。

動画編集に少し心得がある筆者が、30分程度で作成したが、実際には鍋の映像だけなら5分とかからず思い出の映像が作れるだろう。「インスタ映え」が流行った時も感じたが、食べる前のワクワク感を高めてくれるのは手段の一つ。動画の方がより撮影するこだわりが増えるためか、ワクワク感は動画の方が高いように感じた。ようやく高められた食欲と期待を鍋にぶつけられる。

●豪華食材満載の鍋
○いざ実食

「ムービージェニック」によって高められたワクワク感をそのままに、最初に実食したのが、「マグ麻辣(マーラー)水餃子鍋」。本格的な麻辣スープを使用しており、撮影中から花椒の香りが食欲をそそり続けていた。一口含むとピリ辛スープの旨味と、後からくる花椒の鼻を抜ける感覚に、思わずビールが欲しくなった。鍋には珍しくサツマイモが入っていたが、辛めのスープとチーズを絡めることにより、クリーミーな味わいを楽しむことができた。さらに、「大阪王将」が満を持して投入した厚い皮が特徴的な水餃子は、たっぷりとスープを吸っても型くずれせず、しっかりと味が染み込んでいて、お酒にもご飯には合う最高のおつまみだった。

○高級食材に酔いしれる

見事な存在感を放って登場したのが、越前かに問屋『ますよね』の「元祖カット済 本生ずわい蟹 中盛」(税込5,380円)。びっしりと詰まったかにの身は、エキスがスープに溶け出し香り高く、さっぱりとした味わいは箸が止まらなくなるほどだ。メインのかには、プリッとした肉厚の身が食べごたえ十分で、噛めば噛むほど味が染み出してくる。

肉好きでもなかなか手が出せない高級食材「飛騨牛」を贅沢に使用した昭和31年創業の老舗「飛騨牛 肉のひぐち」の「飛騨牛すき焼き鍋セット」(税込5,940円)は、年末の自分や家族へのご褒美として喜ばれること間違いなしの一品。今回の試食会でも真っ先に鍋が空になるほどの人気だった。やわらかな歯ごたえと濃厚な肉の旨みが、卵の甘さと絡み合い、口いっぱいに広がる瞬間はまさに至福の時間。上質な脂と甘さの余韻もぜひ堪能してほしい。

鍋は料理の中でも手間が少なく「時短料理」としても人気だが、沸騰したお湯と具材を用意すれば、即楽しめる手軽さが魅力なのが「しゃぶしゃぶ」だ。手軽に楽しめる分、メインとなるお肉選びに失敗すると、かなりダメージの大きい食事になってしまう。

そんな心配を牛肉も豚肉もそろって解決してくれるのが、しゃぶしゃぶ専門店「しゃぶまる」の「特選讃岐オリーブ牛&讃岐の豚のしゃぶしゃぶ」(税込4,378円)だ。A5・A4等級の黒毛和牛と、特選豚肩ロースの組み合わせは、鬼に金棒。ほどよく脂を落としたヘルシーな肉は、ポン酢との相性抜群でいくらでも食べられそうだ。会場には女性の関係者が多く見られたが、ペロッと召し上がっている方も少なくなかった。野菜もたっぷりと摂れるため女子会にもオススメだろう。

○健康的な汗が出た

寒くなると必然的に汗をかく機会も一気に減るが、体の芯から温まりたいと思う方にオススメなのが、「蟻月 楽天市場店」の「博多もつ鍋【蟻月】炎のもつ鍋 激辛チゲ風味」(税込4,212円)と、「かめあし商店」の「ラム肉しゃぶしゃぶ 薬膳火鍋セット」(税込3,888円)だ。名前からしてすでに汗が出そうだ。

鍋の食材の中でも人気の高いもつ、全国でも「君の内臓をたべたい」と言う某青春映画を彷彿とさせる声が聞こえてきそうだ。ぷりっぷりのもつは、噛みごたえがしっかりとしており、一噛みごとに煮込まれたチゲの旨さと脂が染み出してくる。脂っぽくて苦手という方もいると思うが、たっぷりと野菜を入れると、脂っぽさより野菜の甘味が多く出るため、もつの弾力がクセになるだろう。

唐辛子や山椒を使用した薬膳スープの「火鍋」は、さきほど紹介した「マグ麻辣(マーラー)水餃子鍋」と辛さは近しいものを感じたが、チーズが無かった分、こちらの方が試食をしながら額に汗が滲むのを実感できた。ラム肉がヘルシーなお肉であることが知られているせいが、ピリ辛の薬膳スープも相まって、肉厚でも罪悪感は他の肉より少なめな気がした。

試食を終えて、会場の外で風に当たると、自分が汗をかいていたことをより実感させられた。「やっぱり温かいものを食べるといいな」と心と体が満たされたが、振り返ってみると、木のぬくもりが感じられる対面式キッチンからトントントンと小気味よく響く音と、調理スタッフの和気あいあいとした声のアットホームさが、一人暮らしが長い筆者にとっては、より美味しさを引き出していたように思えた。

年末にむけて忙しさがピークを迎えるビジネスパーソンも多いと思うが、1年の締めくくりにちょっとリッチなお鍋で、労をねぎらってみてはいかがだろうか?

あなたにおすすめ