スパイス・ガールズ、ヴィクトリア・ベッカム抜きで英国ツアー開催を発表<動画あり>

1996年のデビューとともに、“ガールパワー”旋風を巻き起こした英女性アイドルグループ「スパイス・ガールズ」。今年2月に元メンバーがそれぞれのSNS上で5人が勢ぞろいした写真を公開して以来、グループ再結成の噂が急浮上していた。あれから9か月が経過した英時間11月5日、「スパイス・ガールズ」が来年夏に英国ツアー「Spice World 2019 UK Tour」を決行することを正式に発表した。ただしそこには“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカムの名前はなかった。

今年2月、ロンドンにある“ジンジャー・スパイス”ことジェリ・ハリウェル(46)の自宅に元メンバーの5人が集結した。“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカム(44)はのちにこの日のもようを自身のInstagramにアップ。「私の大好きなガールズたち!!! たくさんのキスを!!! 待ちきれないわ」と記し、再結成を連想させる「終わりなき友情」「ガールパワー」というハッシュタグを添えていた。

この日はヴィクトリアをはじめ、“スケアリー・スパイス”のメル・B(43)、“ベイビー・スパイス”のエマ・バントン(42)、“スポーティ・スパイス”のメラニー・C(44)の4人が、同グループの全盛期を支えたマネージャー、サイモン・フューラー氏と将来に向けて新プロジェクトの計画を話し合ったと伝えられた。

5人が勢ぞろいしたこのショットには、「OMG!」「再結成? ツアー絶対行きます!」とファンからのコメントが続々と届き、ヴィクトリアのInstagramは歓喜の渦に湧いていた。

あれから9か月が経過した英時間11月5日、ようやく「スパイス・ガールズ」の再結成が正式に発表された。しかし、そこにヴィクトリア・ベッカムの名前はなかった。以前から、家庭や自身のビジネスとの兼ね合いでツアーには難色を示していたヴィクトリアだけに、この発表はファンにとって“想定内”であったが、やはり「5人揃った『スパイス・ガールズ』が見たい」という声も少なくない。

「Spice World 2019 UK Tour」は来年6月1日、マンチェスターを皮切りに、コヴェントリー、サンダーランド、エディンバラ、ブリストルと英国内の都市をおよそ2週間かけて回り、ロンドン北西部の「ウェンブリー・スタジアム」にて最終日を迎える予定だ。

「スパイス・ガールズ」がステージで最後にパフォーマンスを披露したのは2012年のロンドン五輪閉会式、またツアーを行うのは2007年12月~2008年2月に開催されたワールドツアー「The Return of the Spice Girls」以来となる。

「スパイス・ガールズ」のInstagramには、ツアー詳細発表からほどなくして、歓喜に沸くファンからのコメントが多数書き込まれている。



画像は『Spice Girls 2018年11月5日付Instagram「WE’RE GOING ON TOUR!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ