好きな人に「軽い女」と思われないように注意したい5つのこと

カナウ

2018/11/6 11:00


好きな人に「軽い女」と思われないように注意したい5つのこと

「好きな人に好きになってもらう」ためにしている行動が裏目に出てしまうことがあります。今回は、好きな人にしてしまいがちな、「軽い女」と思われてしまう行動をご紹介します。

注意すべきこと1 ボディタッチ


テレビなどで「女の子にボディタッチされると好きになってしまう」と発言する人もいたりすることもあって、「適度なボディタッチはモテテクになる」と思っている女性も多いでしょう。また、好きな人には「触れたい」と思うのが自然なことですから、自然とボディタッチをしてしまいがちです。

ですが、ボディタッチを喜ぶ男性もいれば、「この子は誰にでもこんな感じなのかな。軽い子なのかも」と悪印象を抱く男性もいますから、彼がどっちのタイプなのか見極めが必要です。

注意すべきこと2 下ネタにノリノリ


「好きな人との会話を盛り上げたい」というのは自然な欲求です。ですが、だからといって、どんな話題にもノリノリになればいいというものではありません。

過度な下ネタは、好きな人に「軽い女」というイメージを与えてしまいかねません。好きな人にそういった誤解をされてしまうのは避けたいところです。下ネタは友達と楽しむことに留めておいた方が無難でしょう。

注意すべきこと3 深夜にかけつける・部屋に行く


好きだからと言う理由で、深夜の呼び出しに応じたり、部屋に上がったりするのは避けた方が良いでしょう。あなたが「好きだから」していることでも、「誰にでもこういうことしているのかも。男の部屋に呼ばれたらホイホイ上がる子なのかも」という誤解を与えてしまいかねません。

注意すべきこと4 誘いに応じる


キスをする、体の関係を持つ、と言った行為は、日本では通常はお付き合いしている人同士がすることです。付き合う前にこれらの行為はしない方が無難です。

なぜなら、付き合うという確約なしに性的関係を持つことで、「誰とでもこういうことをしているのかも」と思われてしまう危険性があるからです。

注意すべきこと5 言いなりになる


彼のことが好きだからと、言いなりになってしまうのはNGです。軽い女、主体性のない女、自己肯定感の低い女、と思われてしまい、本命への道は遠のきます。

さいごに


今回は、好きな人に軽い女と思われてしまう行動を5つご紹介しました。軽い女と思われてしまったら、「最愛の女性」「彼女にしたい女性」という枠からは外れてしまいます。好きな人に、「軽い」と思われるような行動は控えましょう。

今来 今/ライター

あなたにおすすめ