織田裕二が『ONE PIECE』の名ゼリフを披露『SUITS/スーツ』第5話

クランクイン!

2018/11/6 11:17

 俳優の織田裕二主演のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が5日に放送され、織田演じる弁護士・甲斐がマンガ『ONE PIECE』の名ゼリフを披露すると、視聴者から「今のセリフ完全にワンピースから取ってきたよね!」「甲斐先生のポリシーにぴったり」などの声がSNSに寄せられた。

【写真】織田裕二が『ONE PIECE』の名ゼリフを『SUITS/スーツ』第5話フォトギャラリー

大輔(中島裕翔)の元に悪友の遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こし逮捕されたとの知らせが。大輔は、甲斐(織田)の運転手・赤城(ブラザートム)が運転する車で警察署へ向かう。ところがその途中、赤城はトラックと追突事故を起こしてしまう。

事故の相手は、運送会社の運転手・糸井(半海一晃)。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配するが、糸井はそれには答えず「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。赤城は大輔を気遣い、車を拾って警察署に向かうよう告げる…。

大輔は遊星と再会し、遊星が借金の返済のために自宅を手放し、ネットカフェに身を潜めていることを知る。遊星が「どこも行くとこねぇし…」と肩を落とすと、大輔は「“ここが地獄じゃあるまいし”そんな死にそうな顔すんなよ」とマンガ『ONE PIECE』に登場するウソップのセリフを引用して励ます。このやり取りにSNSには「ONE PIECE絡めてきた~!」「ワンピース好きな大輔と遊星カワイイ」などの投稿が。

借金返済に追われる遊星を救うために、違法な貸金業者と対峙することになった大輔。「気楽に行け」と励ます甲斐に、大輔は「“正義は勝つ!”ですよね?」と一言。しかし甲斐は真剣な表情で「“勝者だけが正義だ”」と返答。思わず大輔も「甲斐先生『ONE PIECE』読んでるんですか?」と驚く。

またもマンガ『ONE PIECE』の名ゼリフを引用したと思わせるやり取りに、ネット上には「今のセリフ完全にワンピースから取ってきたよね!」「今日ワンピース回なのw」「甲斐先生のポリシーにぴったり」などの声が上がっていた。

あなたにおすすめ