亀田京之介、元ヤン対決!因縁の相手と生放送で喧嘩勃発

Entame Plex

2018/11/6 10:33



AbemaTVは、AbemaGOLDチャンネルにて、『亀田家3年ぶり世界戦!会わすなキケンの事前会見~元ヤン対決!亀田京之介×溝越斗夢』を11月3日夜9時から生放送した。

番組冒頭では、Twitter上ではすでに舌戦を繰り広げている亀田三兄弟の従兄弟である亀田京之介選手と、対戦相手の溝越斗夢選手が初対面し、一触即発となるかもしれない「宣戦布告会」の模様を生放送。世紀の“宣戦布告会”には、東京ファイトクラブのプロデューサー・亀田興毅と、元WBA世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二が立ち会った。

京之介選手からの宣戦布告では「遠いところからありがとうございます。リングネームかなんか知らんけど、トカゲ?すぐ負けるから尻尾ちぎれるようにトカゲにしてんか?首落としたるわ」と言ったところで溝越選手と掴み合いに。スタジオセットが倒れるほどの胸ぐらの掴み合いに、その場に控えていた屈強なSPや興毅も止めに入る一触即発の事態に。



止められた後も「なめんなよ」と声を掛け合う両選手だったが、改めて仕切り直しとなり、質疑応答のコーナーへ。

また、今回のメインカードとなる試合について亀田和毅選手は「今は二階級制覇を目指しているが、ここが目標ではない。自分の実力はこんなところではない。世界戦のチャンスがなかったら次に行けないので、次のビッグマッチに向けて(の通過点と思っている)。ずっと言っているが日本で一番強いのは井上(尚弥)選手。全てはタイミングだが、向こうも強い奴とやりたいと思っているはずなので、階級が合えば(試合をしたい)」と怪物・井上尚弥選手との対決も見据えるコメントをした。

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ