人には言えないけど、深夜にやり出すとつい止まらなくなること5つ




眠れない秋の深夜。寝ようとすればするほど目が冴えてしまい、とても寝つけないということが誰にでもあると思います。そんなときつい誘惑に負けて、いろいろなことをやりだしてしまいませんか? 早く寝ないといけないときほどその誘惑は大きく、止まらなくなってしまいます。みんなが秘かに深夜にやっていることは何でしょうか?

深夜にやり出すと止まらなくなること

1. 連ドラをノンストップで観てしまう



普段はなかなかテレビの前にゆっくり座る余裕などなく過ごす日々。だから気になるドラマは録画しておくのですが、どれもどんどん貯まっていく一方。ある夜ふとそんなことに気づき、1話から観だすともう大変! 続きが気になって、次から次へと一気に視聴してしまいます。
ドラマを一気に見るのは面白いのですが、いったん手をだしてしまうと6時間くらいあっという間に過ぎて夜が明けてしまい、愕然とするのです。

2. 始めると興味のあることが次々と出てくる、“SNSストーキング”

不毛な時間になることは百も承知ながら、一度始めると止まらなくなるのが、元カレや気になる彼をSNSでストーキングすること。だってストーキングすればするほど、気になる情報が出てくるし、もっともっと調べたくなってしまうから。その結果、見つけられる事実が自分にとっていいことばかりとは限らないし、逆に彼にすでに特別な存在の人がいることが発覚して落ち込んだりするのですが、分かっていても止まりません!

3. あれこれ見だすとついポチリ……“ネットショッピング”



便利なネットショッピング、いろんなお店と比較できるし、タイムセールや限定セールの文字がちらつくとどうしたって今買わなきゃ、という気持ちをかきたてられます。「ちょっとチェックしておこう」くらいの気持ちでネットのページを開くと、アレも、コレもとつい気になって泥沼に。
最後はもうよくわからないままポチッとしていますが、品物が届いて「私なんでこんなの買ったんだろう」と呆然とすることもよくあります。

4. 誰にも邪魔されることなく没頭できる、“ムダ毛処理”

薄着の多い夏はムダ毛処理に気をつけていても、だんだん寒くなってくるとつい後回しにしてしまい、ある日ふとお風呂で自分の体を見たらビックリ! なんてこともしばしば。気になりだしてムダ毛処理を始めると、意外と止まらなくなってしまうものです。
深夜は誰にも邪魔されることなく没頭できるし、処理をしたらボディーローションで保湿ケアもしっかり万全! なんだかうっとりした気持ちになって妙に目が冴えてしまいます。

5. がんばっているヘルシーライフの反動? 気の向くまま“ジャンクフード”

普段からヘルシーな食生活を心がけているときほど、その反動か、深夜に急に体にも美容にもよくないジャンクフードが無性に食べたくなる衝動にかられることがあります。その誘惑に負けて、ついポテトチップスやチョコレートを開けてしまったら、もう後の祭り。気のおもむくままに貪り食べるばかりです。
“こんな姿、とても人には見せられないなあ”と思いつつ、自堕落な気分のままに、手はついつい次のお菓子に伸びてゆきます。

あなたにおすすめ