「無印良品」がフィンランドの自動運転バスをデザイン。2020年に実用化へ

clicccar

2018/11/6 08:03


自動運転技術の研究開発を行う企業「Sensible 4」が2020年の実用化を目指し、フィンランドで全天候型自動運転シャトルバスの開発を行なっています。名前は「ガチャ(Gacha)シャトルバス」(仮称)。

公共交通機関として実用化を進めているもので、大雨や霧、雪など、あらゆる気象条件下でも機能する世界初の自動運転バスとなっています。

フィンランドでは法律上、公道を走る車両に必ずしも運転手が乗車している必要が無く、自動運転車の開発に適しているそうです。

「ガチャ」は電動式の4駆仕様で、全長4.5m・全幅2.5m・全高2.8m・定員16名。急速充電により100km以上の走行が可能で、最高速度は40km/h。

無印良品を展開する「良品計画」では、昨年からSensible 4との共同プロジェクトとして同バスの車体デザインを担当。前後の区別が無く、照明とスクリーンを一体化したLEDライト、ラウンド型のベンチシートが特徴となっています。

Sensible 4では、来年3月にヘルシンキ近郊でプロトタイプ車を一般公開した後、上半期内を目途にヘルシンキ周辺の3都市で実用試験運行を開始するそうです。

(Avanti Yasunori)

【関連リンク】

㈱良品計画 https://ryohin-keikaku.jp/

あなたにおすすめ