GReeeeNと現役高校生バンドがフィーチャリング!『愛唄』予告映像が完成

Movie Walker

2018/11/6 08:00

数多くのヒット曲を世に送りだした人気ボーカルグループ、GReeeeNの結成にまつわるエピソードを映画化した『キセキ -あの日のソビト-』(17)のスタッフ・キャストが再集結した『愛唄 -約束のナクヒト-』が2019年1月25日(金)から公開。このたび、本作で主人公を演じる横浜流星がナレーションを務めた予告映像が完成した。

着うた・着うたフルで累計525万ダウンロードを記録した名曲「愛唄」をモチーフにした本作。恋する勇気を持てないまま大人になり、突然自分の人生のタイムリミットを告げられた主人公・トオルが、友との再会と、ある“詩”との出会いを通して、恋に全力で駆け抜けていく様を描く青春ストーリー。GReeeeNが初めて映画脚本を担当したことでも大きな注目を集めている。

このたび完成した予告映像は「愛唄」に合わせてノートに“愛唄”という文字を綴るシーンから幕を開ける。横浜流星演じるトオルが一冊の詩集と出会い、その詩集を書いた少女・伊藤凪が4年前に亡くなっていたと知る。ところが、誰かが伊藤凪の名を呼ぶ声に振り返ったトオルの目線の先に、まぎれもなく生きている凪の姿があった…。

予告映像の後半にはGReeeeNが本作のために書き下ろした新曲「約束 × No title」が流れる。本作のアナザーストーリーを予感させるメッセージが込められたこの楽曲をGReeeeNとともに歌い上げるのは、2017年にLINE社主催のオーディションで見事グランプリに輝いた青森県出身の現役高校生バンドNo title。メンバー3人はいずれも本作のヒロインを演じる清原果耶と同い年だとか。

本作で音楽プロデューサーを務める、GReeeeNのプロデューサーJINは「この曲には女性の声が必要でした。そして映画の内容を踏まえ、現役高校生のバンドに依頼をしました」と、No title抜擢の経緯を明かす。そして完成した楽曲を聴いた小池賢太郎プロデューサーも「透き通った揺るぎのない歌声なのに、どこか切なくも懐かしさを感じました」と脱帽のコメントを寄せている。

若手俳優たちが織りなす青く澄み切った物語に、フレッシュな高校生バンドの歌声がさらなる彩りを与えてくれることだろう。この楽曲は2019年1月にCDリリース予定となっており「LINE MUSIC」では12月上旬から独占先行配信。本作の公開に備えて、「愛唄」に続く新たな名曲にいち早く出会ってみてはいかがだろうか。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/168229/

あなたにおすすめ